2008年2月12日火曜日

ハンガーノックに気を付けよう('▽'*)♪ ~東京鎌倉チャリンコで~




え~、昨日は雪も溶けまして、とても良いお天気だったので
交通安全のお守りを買いに、ちょっくら鎌倉までチャリンコで行ってきたんですけども。



まぁ往復100kmぐらいだし、とか思いつつ、朝飯も食わず
いつもの補給食「ビスコ」も、スポーツドリンクも持たないでフラフラ行ったら
アッサリとハンガーノックになりました(´・ω・`)



ハンガーノック…要するにガス欠の事です。(山屋さんの言う「シャリバテ」)
今までも含め、俺が経験した症状は・・・



・ペダルを踏む力さえ出ない
・思考が止まり、朦朧とする
・寒くて寒くてブルブル震えが止まらない
・まっすぐ立つのさえ難しい
・走りながら猛烈に眠くなる
・目が見えなくなってくる
・気が遠くなる(多分、ウッカリすると失神する)



・・・ぞんざいな扱いをしてすんませんでした、朝ご飯様、ビスコ様ぁぁぁ~m(_ _;)m!!





鎌倉建長寺
「鎌倉建長寺」



(ハンガーノックからの回復途中で意識朦朧、
足はバッキバキの肉離れでまともに歩けないくせに
ブログのネタ用写真をちゃんと撮ってる俺って、ある意味すごいと思う)



考えてみれば、ツールドフランスやジロデイタリアで無茶をする
世界最強の自転車乗り達でさえ、みんなパイやビスケットを食べながら走るんだもんな、
シロートが食わずに走れるわけがないわな。









今回は、去年末に自分用クリスマスプレゼントとして買っておいた
心拍計も使ってみました。





PORAL S725X30周年モデル
「PORAL S725X30周年モデル」



かっこいいでしょ(*´ω`*)

ポラールってメーカーのS725X。30周年日本限定セットだそうな。



腕時計だけど、心拍数、ケイデンス(クランクの回転数)、速度、高度、
消費カロリー、気温などを記録してくれます。


オマケソフトにカレンダーがついてて、何月何日にどれだけ運動したか、と
日記のように記録してくれるんです。(マウント付きでハンドルに巻いておけます)


自分に最も効率の良い心拍数で運動できて、
「運動しすぎです」とか「いい感じで回復してます」とかも教えてくれます。


スポーツする励みになるし、なんといっても面白いです、このメカ。



で、このポラール様によれば、この日の消費カロリーは約4400kcalだそうです。



4400キロカロリー…。



大体、成人男性が一日に必要な摂取カロリーは約2000kcalですから
消費カロリーだけ見れば、2日以上絶食したのと同じ威力、
あるいは、ビリーズブートキャンプに入隊して2週間過ごしたのと同じ消費カロリーです。



そりゃ補給無しじゃ、心身ガタガタになるわいな。



あ~、何年ぶりにやられたかなぁ…
なにしろハンガーノックになってから食事をとっても遅いです、
動けるようになるまで結構かかります。


ツーリングされる皆様は、常に補給食と水分、糖分を絶やさないように走って下さいね(*´∇`*)
大事なのは、腹が減る前に食う、喉が渇く前に飲む、これですよこれ!!



・・・え?そんなの当たり前だってか(^▽^;)





2008年2月3日日曜日

新春猫詣で パート2。




こんばんは。



豆を投げつけられたぐらいで逃げちゃう鬼って
実は繊細な心の持ち主なんじゃないか、
鬼に平気で豆を投げつける人間の方が野蛮だろ、と密かに思ってるけど言わないりうです。



さて、先日は小さい方の猫島へ行き
猫さん達に貢ぎ物を捧げて参りましたよ(*´ω`*)



以前はあちこち初詣に行ってたんだけど、
神様や仏様があんまり役に立たないので
猫さん達にお賽銭をあげた方がよほど有効であろう、という理論です。



ここの猫達は、主に3地区の住人に分けられます(俺が勝手に分けてます)。



1つ目は山の手の猫達。地域猫として、とても大切にされています。

ふくよかな見た目と純和風で奥ゆかしい性格が大人気。

観光客の人通りが多く、背景もサマになるので、猫写真を撮る人が大勢いますね。





お日様大好き。




この猫さんは有名でしょ、「あぁ、あそこか」って思う人もいるだろうな(*´∇`*)
カメラを向けると、熊田曜子ちゃんばりに計算されたポーズを次々とってくれる
プロのモデル精神に溢れた猫さんです。





島一番の器量好し



この猫さんも有名だろうな、島で一番の美人猫さん。
…なんだけど、毎度毎度写真を撮るたびに肥…大きく育ってきてますね(^▽^;)





島一番のマブダチ



島一番のマブダチも山の手の住人。
今年も元気で仲良しです。





個性的なメイク。



個性的なメイクだよね(=´▽`=)
この子はテレ屋で写真に撮られるのが苦手なので
こんなポートレイトでも、撮るのはちょっと大変です。



次に住宅街の猫達。
主に屋根なんかでノンビリしてますね、地域猫として大切にされてます。
人間に寄るでもなく離れるでもなく、程好い距離感を保って暮らしています。



そして3番目。



貧困地区の猫達。





おやつ下さいな




凶悪な風体で「助けよや~ 猫又よやよや~」っぽい猫さん、すぐスリスリしてきます。

体は骨が浮いてガリガリ、毛はバサバサのヨレヨレで打ち捨てられたモップのよう。

あぁ、可愛いね、可愛いねヽ(=´▽`=)ノ



ここは猫スポットとして有名なため、
貧困地区には「ここなら大切にしてもらえる」と勘違いした大勢の人間が猫を捨て大繁殖、
人間の良心捨て場となっています。



この俺でさえ、未だに把握しきれないほどの猫達…何十匹いるのかな…
展望台が新しくなった頃から、だいぶ減ってはきたけどね。



貧困地区の猫達は山の手猫と違い、ご飯をもらうため、生きるために
人間と目が合うなりダッシュで駆け寄って
必死でスリスリしたり、ひたすらゴロリとお腹を出しまくります。
その姿が、昔読んだ「かわいそうなぞう」を思い出し、俺はもう本当に切ない…。



捨てたり虐待するゴミが湧くと嫌なので、検索にかからないよう場所は書きませんが
ここへ観光に行かれる方は、入り口からまっすぐ上って行くだけでなく、
入り口の鳥居をくぐる手前、左手の地域で暮らすボロ猫さん達も
山の手猫さん達と同じように、愛してあげて下さいね(^^)