2008年8月19日火曜日

魔の街恐るべし・・・。




 え~と、自動車免許の更新に行きまして。



神田にある、免許更新センターだっけか、あすこはいいですね、素晴らしい。

人が少なくてゆったりしてるし、お巡りさんが懇切丁寧に順序を教えてくれるし
あっという間に気持ち良く終わる。



が、重大な問題点が一つ。



すぐ横に、魔の街があるんです。



その名は神保町。



古本屋と冒険グッズ屋がずらり立ち並び、もしウッカリ足を踏み入れようものなら
お金を使わずに通過する事ができず、いつの間にか両手に袋をたくさん持っている、という
歌舞伎町の数十倍危険な凶悪地帯なのです。



で。



今回もやっちゃいました。


見つけた時、失神しました。


…フと気付いた時には、手に入れちゃってました。うん。





しっぺい太郎 表紙
しっぺい太郎 表紙 posted by (C)りうです



・・・ちりめん本!!猫の浮世絵!!しかも俺の大好きな昔話、しっぺい太郎!!!

まさに俺専用の極悪な三重トラップ!!!

こんなの、俺が買わずにいられるわけないでしょうが!!全くもう!!





しっぺい太郎(5)
しっぺい太郎(5) posted by (C)りうです



ぅお~、これ、国芳とかの猫浮世絵ファンな皆様方なんか
喉から手が出て耳に入って奥歯ガタガタいわせちゃうぐらい欲しいんじゃないかなぁ…。



あぁもうたまんねぇっす、超ラヴリー、超ラヴリー(*´Д`)ハァハァ



……え~と、なんだ、あれか、ちりめん本について軽く語っときますか。



明治時代の浮世絵と物語が描かれた、和紙をちりめん状に加工した絵本です。

浮世絵師、刷り師、和紙の高品質と、それを縮緬状に加工するという技、
当時の日本が世界に誇る職人さん達の超高等技術の集大成でしょう、うん。



他の浮世絵と同じく、ほとんどが海外へのお土産として流出したため
日本にはほとんど現存しておらず、一部の大学や美術館に極少数が収蔵されてるだけ…

…なはずだと思ったんだけど…

なんでこんなん、あんな、あんな、奮発すれば俺が買えるような値段で売ってるんだよ、
うぉ~怖ぇ~、さすが魔の街神保町、マジ怖ぇ~・・・(((((((;´д`)))))))ガタガタ











ともかく、本当に貴重な品で、稀に美術展なんかでガラスケース越しに
見かける事はあるかもしれないけど、中に何が書いてあるか見たい人、きっといますよね。


あと、

「しっぺい太郎なのに、なんで猫が踊ってるん?」

と素朴なツッコミを入れる方もいらっしゃるだろうと思うので、
夏休みの自由研究として、全ページを写真に撮り、載せておきました。



ついでに、ものすごくザックリと、かなり適当ですけど意訳も載せておきましたので、
結構幻に近いであろう明治時代のちりめん本、どうぞ存分にご覧下さいヾ(=^▽^=)ノ



こちら↓

縮緬本版 しっぺい太郎 (雑な和訳付き)



※うちの母、「しっぺい太郎」を知りませんでした彡(-_-;)彡ヒューヒュー

ひょっとして地域限定の昔話なのか?

ともかく、今の日本で一般的に語り継がれていると思われる「しっぺい太郎」のお話を
あらすじだけですけど若干アレンジし、以下に載せておきますね。



  しっぺい太郎(俺の勝手な創作プラス版)



 昔々あるところで、とある村の前を旅の僧が通りかかった所、
村人たちが皆、深く嘆き、悲しんでいました。


僧がわけを聞いたところ、どこからか飛んできた白羽の矢が刺さった家は
娘を山の神に生け贄として捧げなくてはならない、
さもなくば村が滅茶苦茶に荒らされてしまうのだ、と言います。


僧が山の神を祭る古い祠に行き、夜まで隠れていると
あちこちから黒い影に包まれた化け物達がやってきて、恐ろしい声で歌います。


しっぺい太郎はおるまいな

しっぺい太郎はおるまいな

今宵この時この事は

信州信濃の光前寺

しっぺい太郎に知らせるな


僧はすぐに信濃の光前寺へ行き、しっぺい太郎という名の犬と
妖怪退治の剣を一振り借り受け、村へ戻りました。


生け贄の箱にしっぺい太郎を潜ませ、僧が祠の中に隠れていると
夜、化け物達と共に、一際大きな化け物の首領がやってきました。


箱の中から風を巻き飛び出したしっぺい太郎と
妖魔退治の霊剣を平星眼に構えるや祠から駆け出し、討ちかかる僧!!


荒れる大波の如く打ち寄せる物の怪達を
ばったばったとちぎっては投げちぎっては投げしているうちに
僧の背後から首領が、山も砕けよとばかりに恐るべき咆哮を上げつつ飛びかかる!!


すわ、南無三!!


あわや、という所で稲妻の如く首領の喉元に喰い付いたしっぺい太郎!!


首領のひるんだ刹那、僧は「咄(とつ)!!」の掛け声一閃、
見事袈裟懸けに斬り捨てたのであります!!


(↑この辺、俺の熱意溢れる勝手な創作)



夜が明け、村人達が祠に行ってみると
たくさんのお猿と、巨大なヒヒが倒れていたのでした。


村には平和が訪れ、しっぺい太郎はお寺に帰り、僧は旅に出て、
みんな幸せに過ごしましたとさ、めでたしめでたし(^^)






2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: d2bc939cf2c676d47f681e300b2da84d
    ほんと魔の街でぇい。
    私もしばらく血迷って出てこられなくなります。>店から
    だから何軒もお店をまわれない。(時間が足りない。体力も足りない。)
    ダイスキです。神保町。
    水道橋 神保町 神田 あそこらへんはもう1日うろうろうろうろしてられますよね。
    しかもこのちりめん本!!!
    ��・・りうですさんの心にロックオンされたのが何となくわかる気がする・・・

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうそう、神田から水道橋の辺りを通って、秋葉原か、あの空間!!
    1軒に1時間ぐらい、平気でいられるよね(^▽^;)
    午前中、2~3軒ブラブラしてただけなのに、
    外に出て気がつくと、とっくにお昼を過ぎて
    午後2時頃になっているという(((((((;´д`)))))))ガタガタ
    俺に買わせる用に作られたとしか思えないちりめん本、
    いままで一度も入った事の無い、某書店の奥のコーナーに、
    今回は何故かフラフラァ~と引き寄せられて入っちゃったんだよね~…。
    で、2メートルぐらい手前で既にハート釘付けだもん、
    どう考えても、この本が俺を呼び寄せたとしか思えないよ(;´Д`)

    返信削除