2009年9月9日水曜日

東京日帰り登山紀行 ~その1 愛宕山~




ばっかも~~~んヽ(`Д´)ノ!!!



山をなめるなぁぁぁ~~~~!!!



はぁ、はぁ・・・_| ̄|◯





最近、山登りがブームのようで、旅行会社のパックツアーで2000m級の山に登ったり
富士山にちょいと登っちゃったり、気軽に登山を楽しまれる方が大勢いらっしゃるようですね(^^)



だがしかし!!だがしか~し!!



かつて沖縄県の最高峰、於茂登(標高526m)への無酸素単独登頂に成功した
ベテラン登山家の俺様に言わせれば、いきなりそんな挑戦をするのは
ドラクエ1でろくにレベル上げもせずドムドーラへ向かうようなもんなんですっ!!



現実世界には「おお、死んでしまうとはなさけない」と
ものすごく人を小馬鹿にした台詞を吐き、有り金の大半を強制的に奪い取る代わりに
生き返らせてくれる、便利な生臭坊主はいないんですよっ!!



死んだら人生が終わっちゃうでしょうが!!


物事には順序ってもんがありましょう!!


現実世界でもレベル上げが必要なんですっ!!



高い山に登りたいなら、まずは俺の東京23区で一番高い山を倒して行きなさ~いヽ(`Д´)ノ!!











と言うわけで、今回は東京23区の最高峰、愛宕山のご紹介です。


場所は港区、東京タワーから歩いて15分ぐらいですかね。





愛宕山登山道入り口
愛宕山登山道入り口 posted by (C)りうです



愛宕山の登山道入り口。


巨大な鳥居と相当な斜度の階段が目の前に立ちはだかり、
気軽な気分で訪れた登山客は絶望のズンドコに叩き落される事であろう。





愛宕山登山道
愛宕山登山道 posted by (C)りうです



なんと登山道の最初から、いきなりの鎖場!!


ここは23区内でも屈指の難易度を誇る山なのである。


お兄ちゃん達が楽しげに登っているように見えるのは、きっと気のせいであろう。





愛宕山第二の鳥居
愛宕山第二の鳥居 posted by (C)りうです



階段の上にそびえる第二の鳥居を抜けると、そこには・・・!!!





愛宕山山頂
愛宕山山頂 posted by (C)りうです





三角点。





山頂である。





標高26メートル。








・・・えいどりあ~ん!!!









愛宕山山頂からの眺め
愛宕山山頂からの眺め posted by (C)りうです



山頂からの眺め。


かつては江戸の三分の一が見渡せたそうですが、
今は山頂より低い建物があんまりないですな。・゜・(/Д`)・゜・。。











行かれる方の楽しみを奪わないよう、今回もあまり細かい事は書きません。


山頂には・・・





エサよこせ運動
エサよこせ運動 posted by (C)りうです



ものすごく飢えた鯉とか、





ヒトノコシカケ
ヒトノコシカケ posted by (C)りうです



やたらでっかいサルノコシカケとか、





ゴン太君
ゴン太君 posted by (C)りうです



ゴン太君とかがいます。





愛宕山の戦利品
愛宕山の戦利品 posted by (C)りうです



↑これは愛宕山でゲットした戦利品の数々です。



左端はお土産コーナーで買ったラジオ深夜便のストラップ。

これを見て買わずに我慢できる人が、地球上にいるだろうか?いやいない。



あとはクイズラリーやって頂いた賞品です。


「ふふん、クイズなど、子どもだましじゃの(。-∀-) ニヒ♪ 」とか油断してたら
まぐれで全問正解だったけど、いやいや、意外に難しくて激アツでしたよ!!


今の俺は、ウェスタン373型ダブルボタンマイクロフォンとかについて詳しいですぞ!!



てか、法務省やJAXAのお祭りでもそうだったけど、
入場無料なのに色々なものをいただくのは気が引ける…。











あぁそうだ、登山道がつらいようなら





愛宕山女坂
愛宕山女坂 posted by (C)りうです



脇にゆるい階段もありますし、少し歩けば坂道もあります。



それから、





愛宕山エレベーター
愛宕山エレベーター posted by (C)りうです



ま、ぶっちゃけエレベーターもございます。


足が悪い方も安心。



東京タワー見物して時間がよほど余ったら、ちょっと立ち寄ってみて下さいね(⌒▽⌒)





【愛宕山】



・標高・・・26メートル

・アクセス・・・日比谷線の神谷町駅から歩いて10分ぐらいだったような気がする。
 愛宕神社を目指してね。

・装備・・・足に馴染んだ登山靴とか、非常食とかは、あんまりいらないような気がする。

・登山道入り口から山頂に到達するまで・・・約1分





2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: c632e4323b6a0550b598fae6bd2ff9b6
    熊野那智大社だったかな~
    境内に行くまですごく長い階段を歩きました。
    隣のお寺には、疲れて行かなかったです。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    熊野の方は、階段だけじゃなくて、歩く道も大変じゃなかった?
    自然は素晴らしいけど、移動は結構つらいよね(;´∀`)
    昔の人は、よく歩いたよなぁ、と思う。すごい体力。
    東海道の宿場町、例えば品川から川崎だって、歩くの嫌だもんなぁ(-"-;)
    車やら電車やら、乗り物のたくさんある時代に生まれてラッキーだよね(^^)

    返信削除