2011年8月10日水曜日

ゴールデン・オープン・アクリリックス、良いっす。




お絵描きする時、油絵の具って、
描いてる時は楽しいんだけど、後片付けが面倒くさかったり、
閉め切った部屋で描いてると、油のかぐわしい香りでラリってくるじゃないですか。



で、水で洗ったり薄められるアクリル絵の具は、手間がかからないんだけど、


「ん~、ここはやっぱりこうかなぁ、いやぁ、ああでもない、こうでもない…('ε'*)」


なんてちょっとでも考えてると、あっという間に絵の具が乾燥しちゃって
筆がすぐガビガビになるでしょ、
あれが常にあおられているようで、どうも俺は落ち着かないんですよね。



そこで、以前から気になっていた、ターナーが取り扱っている
「ゴールデン・オープン・アクリリックス」という
乾くのが遅いアクリル絵の具の12色セットを
遂に!!えいやっ、と購入しまして、使ってみたら、すご~く良い!!



俺、絵の具なんて安ければ安いほど良いと思ってて、
学校の授業用?みたいなのとか、プラモ用のアクリル塗料しか使った事ないんで、
ほとんど参考にならないだろうと思いますし、発売からかなり経った今更ですけど、
とても気に入ったので、感想文を書いときます。












メタボリック・おみそ
「メタボリック・おみそ」



…こんな試し描きじゃ、なんの参考にもならないね(-"-;)



googleで「golden open acrylics」等のキーワードで画像検索すると
ものすごい達人達のものすごい上質な作例がたくさん鑑賞できるので
そちらをどうぞご覧下さい…_| ̄|◯











とにかく、描いてる時のフィーリングが気持ち良いです…チューブから出した状態で、
絶妙な感じに溶く事ができた油絵の具のような、伸びの気持ち良さ。


特にこれは「天然毛の筆が使える」と言うので、細かい部分などに
超大事にしているラファエルの赤テン毛を使ってみたんですけど、
まぁ、狙った所に、狙った調子で、狙った通りの線が、伸びる、伸びる、伸びる…



あはぁ、な~んて気持ち良いんだろう(´▽`)♪


(でも、やっぱり気が引けるので、次からは多分ナイロン筆を使うと思います…)



後になって「やっぱここ気に入らないなぁ」なんて時、少し待って乾燥してきたら
暗い色の上に明るい色を乗せて、あっさり簡単に描き直せるお気楽さもすごく良いです。



そして、色が、しっかりしているように思います…変な表現だな?


普通、絵の具で混色すると、なんちゅうか、
ショボショボした、みすぼらしい色になっていくでしょ、
でも、これは混色しても、色がしっかり主張するっつぅか
くすみにくいような気がします。



チューブから出して、30分~1時間ぐらいは余裕で描けますし
後でネトネトと乾いてきても
他の色と混ぜるか、サッと軽く霧吹きすればすぐ元の状態へ戻ります。

パレット洗ったりするのも、すごく楽です。



他に…乾いてきても、艶は抑えられるけど、
色があまり暗くならず、それほど変化しないような気がしますね…。

なんでだろう…何が違うんだこれ…。











ただ、乾きは遅いけど、あくまでも素性はアクリル絵の具で、
油絵の具に比べれば、キャンバス上での混色やグラデーションのタイミングに
若干気難しい所もあって、
なんだろな、中途半端に色が乾きかけの時なのかな、
上から色を乗せようとすると、色が乗らず、ずっこけてはげちゃったり、
逆にグラデーションさせようと思っても
塗りが薄い部分は既に乾いてて、単に色が乗っかっちゃうだけ、
なんて瞬間がたまにあります。



まぁ、これは使いこんでクセがわかってくれば、タイミングもつかめるだろうし
問題ないと思いますけど、
例えば屋外で、キャンバス上で次々と色を混ぜながら丸一日じっくり描きたい、
といった使い方をしたい方は…オープンシンナーと言ったかな、
乾きを更に遅くするメディウムがあるので、それを使った方が
より落ち着いて、のんびり描けるんじゃないかな、と思います。



…あ、今、ふと思ったんですけど、この絵の具、
ボブ・ロス画法にも結構相性が良いかもしれない…



誰か試してみて下さい、そして、どんなに難易度が高くても
「ね、簡単でしょ?」って言い張っちゃって下さい。



あぁ、絵の具を厚く乗せ、筆致を盛り上げながら残すような使い方には
不向きだと思います、
やっぱり絵の具が乾燥してくると、グッと痩せてしまいますね。











問題点は…値段の高さと、店頭でほとんど見かけない、という事だろうなぁ。


店頭だと、俺は新宿の世界堂に置いてあるのしか見た事ないです。
オープンじゃない、単なるゴールデンアクリリックスは
割とあちこちで見かけるんだけど。



なにせ、安い色のチューブ一本でも
びっくりドンキーのエッグバーグディッシュと同じような値段、
高いやつだとビールもついでに注文できちゃうような値段ですから、正直ビビります。
かなり真剣に悩みます。


「専門家用」の肩書きは伊達じゃない。


これを店頭に置いてある世界堂ってやっぱりすげぇなぁ、と思います。



それでも俺、この絵の具、すごい好きです。
気持ち良い描き心地、美しい発色、急かされない乾燥時間、楽な後片付け。
描くのがますます楽しくなりました。
絵の具を使い切っても、またこれ買います。



ずっと「高級絵の具の値段の違いは、一体何が違うんだろう」なんて思ってたけど、
高級な絵の具って、こんなに違うんだなぁ。


専門家用なんて言ってるけど、趣味で描く方も是非どうぞ。
や、趣味だからこそ、こういう所で贅沢するのが幸せなのかもしれないですね。















6 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: c632e4323b6a0550b598fae6bd2ff9b6
    いつ見てもりうですさん、絵がお上手ですね。
    学生時代は美術が得意だったのでしょうか?
    わたしは、お絵描きは漫画タッチの絵から入ったので
    リアルな絵って気合いいれないと書けないですw
    pixivってイラストサイト、御存じですか?
    一応、サイト登録して何点か発表してます。
    アニメとか漫画タッチのイラストが多いですが
    すごく絵の上手な方ばかりでため息がもれます。
    猫の絵、素敵ですね。^^

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: cfc723592de59322f8fbd32dc0b8a2a9
    コメント入らなかったので、試しに入力してみよう!

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    学生時代…美術と音楽は好きでしたねぇ。得意ではないけども。
    図工は特に楽しかったなぁ…。
    漫画の絵も、真面目にきちんと描くと、とても難しいように思います。
    漫画の絵の、例えば実際にはあり得ないであろう手足の動きや、省略された体のパーツ等、
    これを違和感無く、破綻せずに描くのは、本当に難しい。
    例えばアニメ顔の輪郭の中に、目や鼻等の部品を置いていっても、
    ほんの数ミリ、縮尺や位置がずれただけで、ものすごくパースが崩れて見えてしまうでしょ、
    あれこれ書き込みしない、必要な線しか描かない分、ごまかしがきかなくて、
    すごく精密なレベルの筆致を要求されるような気がします。
    想像の世界にしか存在しない人物達を、省略した線で、更にデフォルメしたり、
    想像の中でしかできない動きを自然に描ける、例えばトキワ荘の住人さん達とか、
    プロの漫画家さんって、ほんとすごいよなぁ、と思います。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おお~!!こんな狭い範囲の話に仲間が(´▽`)!!
    やっぱり良いですよね、これ。
    そうそう、ほどほどの乾燥時間も良いんですよね、うんうん。
    油絵の具みたいに、いつまでもジリジリと乾燥を待ち続けなくて良いし。
    油彩は、やっぱり、時間を全然気にしないぐらい、の~んびりと、
    何週間も使って一枚描きたいもんですねぇ。
    水彩絵の具って、扱いが安全だから小学生から使ってるんだろうけども、
    実は難易度の高い絵の具だと思いませんか?
    最初から、完全に色を一発で決めておかないと、やり直しがきかないし、
    後で「やっぱりここはもっと明るい色が良いなぁ」と思っても、
    後から色を載せてもどんどん暗く濁っていく一方だから、
    僕には扱いが難しい、上級者用絵の具のように思うんですよね(;-ω-)ゞ

    返信削除
  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    「私もファンです」を書いた者です。
    オープンアクリリックスについて付け加えると、この絵の具は外にも持って行けます。
    百円ショップで手に入れた密閉容器でいくつかの仕切りがあるのや、プラスチックのパレットの穴をガムテープでふさいだのなどに、絞り出して入れておくと、一、二ヶ月は柔らかいままです。ただし柔らかいので、持ち運ぶとき容れ物を傾けないように注意した方がいいでしょう。絞り出して半年もたつと、さすがにだいぶ固くなっていましたが。
    今のところ、油絵の具と同じような描き方をしています。絵を見た人に、これアクリルで描いたよ、というとびっくりされます。まだこの絵の具の認知度は低いようで、いろんな人に盛んに勧めています。あまり売れないとそのうち販売停止になるんじゃないかと、それがいちばん心配なので。

    返信削除
  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >あまり売れないとそのうち販売停止になるんじゃないかと、それがいちばん心配なので。
    わかります、わかります(^^;)
    ちょっと景気が悪くなると、美術や音楽等、アート系の趣味用品って
    メーカーからも店頭からも、すぐ減らされちゃいますよね。
    うちの近所にも、昔から美術用品と文房具を扱っている結構大きなお店があって、
    バブルの頃は、あらゆるメーカーの油絵の具がズラズラリ、と数列の棚一面に並んでいたんですが、
    景気が悪くなるのに比例して、(メーカーの商品縮小、廃盤も多数あるんでしょうけど)
    絵画用品コーナーのスペースがどんどん減っていき、今では小学生用絵の具セットがわずかにあるだけ、
    消費期限の無い、どこにでもある文房具を定価で売るだけ、という寂しいお店になってしまいました。
    そんな逃げ腰の商売じゃ、一円でも安く、としのぎを削るネットショップ群に
    かえって押し潰されてしまうような気がするんですけどね…。
    ともかく、扱いやすいし発色も良いし、
    もしも「売れないからやめます」で世間から消えさせてしまったら
    かなり惜しい名品だと、僕も思います。うん。

    返信削除