2013年5月6日月曜日

竹富島の猫 2013




はいさーい!!
ぐすーよー ちゅーうがなびらー!!
ちゃーがんじゅうねー(^^)



・・・毎年同じ話の繰り返しで、年々、書き出しの言葉に困ってしまうんだけれども
ともかく、今年も竹富島ん猫ぬ写真やいびん!!





優しき碧き海が密かに囁く波音の子守唄に抱かれ 猫は魚の夢を見てをり
優しき碧き海が密かに囁く波音の子守唄に抱かれ 猫は魚の夢を見てをり posted by (C)りうです











裸猫像 2013
裸猫像 2013 posted by (C)りうです










座り方がほかの猫とちょっと違うね、とはよく言われます
座り方がほかの猫とちょっと違うね、とはよく言われます posted by (C)りうです










優しい島の柔らかな陽射しの下で猫はそっと寄り添う
優しい島の柔らかな陽射しの下で猫はそっと寄り添う posted by (C)りうです










仲良き事は美しきかにゃ
仲良き事は美しきかにゃ posted by (C)りうです










ね…む…い……
ね…む…い…… posted by (C)りうです










ばいなら
ばいなら posted by (C)りうです





八重山雑記 2013




どうという事のない、とっちらかった雑文だけど、2013年お正月に行った八重山の日記あれこれ。











八重山の冬は、基本的に毎日どんよりと曇っている。


唐突に雨が降ったりやんだりする日々の中で、一週間に一日か二日、晴れる日がある。


いつもは晴れた日があると、石垣島から竹富島や波照間島へと渡ってしまうけれど、
今年は、経由地の石垣島を丁寧に観光して宣伝しよう、と思って、お大尽してレンタカーを一週間近く借りた。


だけど、最初の晴れた日に竹富島へ渡った後は、やっぱりずっとどんより曇りと雨。とほほ。


晴れた日の写真じゃないと、あの島の良さはなかなか伝えにくいよなぁ。



最終日、いきなり晴れ間が出たので慌てて川平湾へ行き、写真を撮って、
慌てて空港へ行き、帰りの飛行機に乗る頃にはまた曇り。うーん。





川平湾
川平湾 posted by (C)りうです



でも、レンタカーを借りたおかげで、普段見られないような所もあちこち好きなペースで見られて良かった。


北部の景勝地は、バスじゃちょっと時間が厳しいもんなぁ。











それから、バンナ公園という所へ初めて行ってみた。


「公園」というから平地の公園かと思ってたら、バンナ岳という山の中に道路を貫通させて
所々に公園や展望台のある、超広大な森林公園だった。


展望台からの眺めも素晴らしいし、あそこはバードウォッチングに良さそうだと思う。



なにしろ雨だから、ろくに鳥は見つけられなかったけど、
キビタキ、キセキレイさん達なんかは結構普通に見られた。


自分的に、ちょっと珍しかった鳥さん達の写真を。


森の中から、ものすごくシラケた視線を感じるので、ふと見ると

ズグロミゾゴイ
ズグロミゾゴイ posted by (C)りうです



…ミゾゴイだ…。


ズグロミゾゴイ、と言うらしい。


ミゾゴイは「ビックリしたり警戒する時、首をニュオーと伸ばして木の枝のふりをする」と
聞いた事があるような気がしたんだけど、このズグロミゾゴイさんは全然首を伸ばさず、
ものすごーく低いテンションと醒めきった視線で俺をガン見し続けてた。



やめろおおー!!シラケた目で俺を見るなああー!!



そしてなんと言っても、今回一番嬉しかったのがこれ

ルリビタキ
ルリビタキ posted by (C)りうです


うわー、ルリビタキさんだー!!

初めて見た!!初めて撮った!!やったー!!

うわー、すっごい綺麗!!

本当に目が覚めるような、鮮やかな瑠璃色をしているんだなぁ。



これはきっと幸せの青い鳥、吉兆に違いない!!



ああそうそう、吉兆と言えば、今回の於茂登岳登山で、下山の途中


「んふっ、んふっ、んふっ!!」


と言う猛々しい鳴き声が森の中から聞こえてきたので、

「おいおい、ずいぶん荒っぽい鳴き声だねぇ、一体どんな鳥だい・・・」

と、森の中をぼんやり観察していたら


「ズドドドド、スポーンッ!!んふっ、んふっ、んふっ!!ズドドドド・・・」


と、いきなり藪の中から真っ黒いイノシシが飛び出し、足元を駆け抜けて行った。



昨年、夜のジョギング中に、何故か高速道路の高架下で出会ったタヌキ君以来の衝撃的な出来事。



あのイノシシはきっと、於茂登岳の主だね。

乙事主様やナゴの守に会いに行くんだな。



これまた吉兆に違いない!!











竹富島で出会ったちょっと珍しい鳥さんは、この方。

ズアカアオバト 正面
ズアカアオバト 正面 posted by (C)りうです



ズアカアオバトさん。か~わいい~(´▽`)



寒いのか、あるいはお年を召してらっしゃるのか、はたまた人間にエサを貰って慣れてるのか
瞳に俺が写りこむような距離まで近づいても怖がらずびくともしないので、写真をたくさん撮らせてもらえた。





ズアカアオバト
ズアカアオバト posted by (C)りうです



観光客の方々は、ほとんどが綺麗な海に目を奪われ
駐輪場にドッカリと居座って身動きしないこの子に気付いていないようだった。もったいない…。











石垣島に新しい大きな空港が建設され、2013年の3月に開港したらしい。


今まで使っていた石垣空港は廃止になったようだ。





石垣空港1
石垣空港1 posted by (C)りうです



来年遊びに行ったら、きっともう見られない。


こんな当たり前の写真も、やがて「あぁ、以前はこんな空港だったなぁ」なんて
ノスタルジーと共に眺めるようになるんだろう。


新しい綺麗なものが生まれてくるのは、いつだってワクワクして楽しみだけれど、
今までそこにあって当たり前だったものが、ある日突然消え去ってしまうのは少し寂しい。



でもまぁ、多くの人にとって、石垣島着陸時の急旋回→急降下→急ブレーキを
もう二度と味わう必要がない、というのは朗報なんだろうな。


あれは、慣れない人は怖かっただろうなぁ。



旅に行く目的の三分の一ぐらいは飛行機に乗るため、というぐらい飛行機大好きな俺が経験した中で
着陸が怖いと思ったのは、香港の啓徳空港と、ここだった。



手に汗握るどちらの着陸も、もう、思い出の中でしか味わう事ができない。
経験する事ができて、本当に良かった。





石垣空港2
石垣空港2 posted by (C)りうです





石垣空港お疲れ様
石垣空港お疲れ様 posted by (C)りうです



古い方の建物も、うんと小さな展望デッキに掲げられた石垣空港の看板も、
近くで見ればひび割れたり、煤けたり、ペンキを重ね塗りして補修したり、風雨に晒された年月が滲む。


そんな傷や補修の一つ一つこそ、建物が頑張り続けた証、名誉の勲章だよね。


楽しい人も、悲しい人も、多くの人々を黙々と、迎えて、送って、
無事安全に役目を果たした石垣空港、お疲れ様でした。





2013年5月2日木曜日

東京日帰り登山紀行 ~野底マーペー~




や~ま~は~はしろ~がね~ て~てれって~ て~て~て~♪(*´○`)o¶~~♪



というわけで、第!


・・・何回目だっけ・・・?5回目?6回目ぐらい?・・・・・・ああん!?



…まぁいいや、ともかく、東京日帰り登山紀行、
今回ご紹介するのは沖縄県の石垣島にある「野底マーペー」という、ちょっと不思議な名前の山でございます。



お金に糸目をつけなければ、朝一の飛行機に乗って那覇経由で石垣島へ渡り、
マッハで登ってマッハで帰って、と、西村京太郎作品の犯人みたいに元気よくキビキビ行動すれば、
まぁ、東京からの日帰りもなんとか可能でございますな。



…うーん、「東京日帰り」なんて安直なタイトル、つけなきゃよかった…。



さてさて、この野底マーペーは石垣島の北部にありまして、まぁ、行くならレンタカーかタクシーですかね。
登山道入り口まで、離島ターミナルあたりの中心地から、車で1時間ぐらいかな。


79号線をひたすら北上し、野底小学校を過ぎた辺りに「野底マーペー登山道→」の看板があります。


登山道入り口から山頂まで歩いて1時間ぐらいかな、ズルズル滑るし結構な急登もあるので
登山時間の割にちょっとしんどいかもしれません。

でも、若人の諸君は、内に秘めたる闘魂と、努力と気力と根性と、粘りと頑張り粘りと頑張り
一に粘りの二に粘り、三四が無くって五に頑張り、あ~粘って粘って頑張って~
あ~ジャンジャンバリバリジャンジャンバリバリ、元気に登ってくださいませ!!


それでは各員の奮闘を祈るっ!!ぶわわっ!!(←号泣)











・・・で、ここから先は、重度の「めんどくさい病」患者な同志諸君に贈る、マル秘情報です。


実は、この野底マーペーには、西部の79号線と東部の390号線をつなぐ
「野底林道」という道路が通ってまして、自動車や自転車なら、この林道を上って行くと
登山道の半分以上をショートカットできる近道の入り口が、山頂近くにあるんです。






より大きな地図で 野底マーペー登山道&野底林道(山頂への近道)入り口 を表示

(↑googlemapと連動させてみました。
上部左側のピンが野底マーペーのふもとからの登山道入り口、上部右側と下のピンが野底林道への入り口です。
ストリートビューまで拡大すると、それぞれの近くに目印の看板が写っているので確認してみて下さい)


79号線からだと、野底小学校を過ぎて「野底マーペー登山道」の看板より少し先、
「民間林林道 野底線」という大きな白い看板が目印。


390号線からだと、伊野田オートキャンプ場の近く、「野底林道入り口←」という手書きの小ぶりな看板が目印。


全線、綺麗に舗装されています。


まぁ、最近のレンタカーはカーナビが標準でついてるから大丈夫かな。

俺が借りたNBOXは、カーナビで「野底岳」の場所を押したら、近道の入り口まで誘導してくれました。


で、野底林道をず~っと上がって行くと、





野底林道の野底マーペー登山道入り口
野底林道の野底マーペー登山道入り口 posted by (C)りうです



上がりきった所に「野底マーペー登山道入り口」という緑の大きな看板、これが近道の入り口です。
(この脇に、車の転回所みたいな結構広い駐車スペースがあります)


しかし、周囲を見渡しても、あたり一面草薮だらけで、入り口って一体どこなのよ・・・



と、駐車スペース脇を、よ~くご覧ください・・・





野底林道の野底マーペー登山道スタート地点
野底林道の野底マーペー登山道スタート地点 posted by (C)りうです



獣道のような踏み分け道の中に、よく見るとロープが一本垂れている・・・



・・・あ、あやしい・・・



そう、この、冥界か不思議の国へ繋がっていそうな
怪しさ大爆発の踏み分け道こそが、山頂への近道入り口なのです・・・





野底マーペー登山道
野底マーペー登山道 posted by (C)りうです



登山道は大体こんな感じ、ズルズルのヌメヌメなのでロープにつかまらないと上がれない所も多いですが、
途中の分岐点は山水会さんがでっかい看板出しててくれてるし、
ふもとからの登山道と違って道を見分けやすい、という意味では、近道ルートは安心な道です。

(ふもとからの登山道では、何度か遭難の話を耳にした事がありますので油断なさらぬよう。)



野底マーペー別れ道地点
野底マーペー別れ道地点 posted by (C)りうです



近道の入り口から山頂までは、大体20分ぐらいかな?



山の上に、突然岩がゴロリゴロリと乗っている不思議な風景が見えたら、そこはもう山頂です。





標高282メートル!!





エイドリア~ン!!!




山の頂に座る岩が 身を乗り出して碧き海を眺めている
山の頂に座る岩が 身を乗り出して碧き海を眺めている posted by (C)りうです


「マーペー」とは、女の子の名前。


昔、黒島で彼氏と仲良く過ごしていたマーペーちゃんは、悪い政策のせいで野底集落に強制移住させられ、
彼氏と離ればなれにさせられてしまったそうです。


野底岳に登っても於茂登岳が邪魔で黒島が見えないマーペーちゃんは、悲しくて岩になってしまったそうです。



でも、悲しい伝説とは裏腹に、野底マーペー山頂からの素晴らしい眺めは、りうですイチオシ!!
ここは自信を持っておすすめできます!!





野底マーペー山頂より
野底マーペー山頂より posted by (C)りうです


今回はずっと天気が悪くて、良い写真を撮れなかったんですけど
頭上にドカーンと広がる空、泳ぐ魚まで見えそうな透き通る青い海、煌めく木々の緑が織りなす風景の美しさと
岩が身を乗り出して、それらをジッと眺めている不思議な光景は、
心に積もった汚れをザバーッと洗い流してくれますよ(^^)



登った人だけのご褒美だね!!



どの岩がマーペーちゃんなのかわからないけど、
俺はあまりにも美しい風景に見とれすぎて、危うく岩になりそうでした。











と、ここまで読んで


「うわやっべ、マジやっべ、ここ、カノジョと行ったらテンションアゲアゲじゃね?」


と思ったヤングマン諸君、しばし待たれよ、これを見よ。

靴もズボンもデロンデロン
靴もズボンもデロンデロン posted by (C)りうです



なにせ地面がヌタヌタなもんで、特に雨上がりなどは、足元がドロッドロに汚れます。


我がお気に入りの桃太郎ジーンズとニューバラM991UKモデルもデロンデロンに。おぎゃー(´;ω;`)



もし「南の島へリゾート気分☆」という感じのナウな服装で来られたアベックやご夫婦の方が登ったら
下りてきた後、泥で汚れたり露で濡れたりで、結構アンニュイな空気に包まれると思うんだ。


マーペーちゃんのささやかな悪戯か。



なので、ここへ登るなら、雨合羽とかイモジャージ的な汚れても良い服と靴、
それから、八重山の山には「ヤマンギ」という刺されるとメチャクチャ痛い毒毛虫もいるらしいので、
余裕があれば軍手なんかも持っていくと良いかもしれませんね。



それではどうぞお気をつけて、楽しい山行でありますように!!

行ってらっしゃい(^^)