2013年10月20日日曜日

写真日記 新宿~渋谷




 こないだの休日。


「よ~し、俺も東松照明さんや森山大道さんや中平卓馬さん達みたく、
新宿の今をスナップショットで劇的に写し取って、みんなの魂を激しく揺さぶってやんぜーおらおらー」


と、張り切って新宿へ。



この前フリでおわかりのように、もちろん、いつも通り緊張感のかけらもない、ゆるゆるの写真しか撮れなくて
やっぱり、すげえ人達はみんなすげーなー、と改めて思った。





新宿
新宿 posted by (C)りうです





清く正しい歌舞伎町の昼 2
清く正しい歌舞伎町の昼 2 posted by (C)りうです





ハッ!!
ハッ!! posted by (C)りうです





なんだろな、なんで俺が撮ると、こういう間の抜けた空気感の写真になっちゃうんだろうかなー。


この写真とか、なんかもう、ある意味、奇跡の一枚だと思う。

清く正しい歌舞伎町の昼
清く正しい歌舞伎町の昼 posted by (C)りうです



歌舞伎町3番通りと、背後にそびえ建つのはコマ劇場跡地に建設中の東宝ビル&ワシントンホテル。


背景の舞台装置はバッチグー、後は出勤中or仕事上がりのお姫様か王子様か真島の兄さんみたいな
誰か新宿っぽい人が通りかかってくれないかなー、と釣り糸垂らして待ってたら、
通りかかってくれたのは、自転車の後ろに野球少年を乗せて走るお父さん、という
まるで予想していなかった、健全な世界の住人さん。



まさか歌舞伎町へ来てまで、ほのぼの写真が撮れるとは…。



や、ロベールドアノーさんや木村伊兵衛さんみたいな朗らか写真は大好きだし、
この写真もすごく気に入ってるから、そこはいいんだけども。



前に、どの本だか忘れたけど、アラーキーさんが


「自分は被写体との出会い運に、すごく恵まれてると思う」


みたいな事を言ってたと思うけど、写真にも運みたいなものがあるとすれば
俺には、「ゆるい写真を撮れる運」みたいなものが、憑いてる、というか、ツイてる、というか。



まぁ、東松さんなんか、学生運動の写真を撮りに行ったら
学生さん達からも機動隊のみんなからも、挟み撃ちのボコボコにされちゃった、とか言ってたしなぁ。


単なる趣味は、やっぱり程々にほのぼのなぐらいが、丁度良いのかもしんないなぁ。





泡沫の夢を見る街の護り猫が見廻る路地を 秋の風が追い越して行く
泡沫の夢を見る街の護り猫が見廻る路地を 秋の風が追い越して行く posted by (C)りうです



こちらは飲み屋街の裏路地を巡回警備中の猫さん。パトロールの結果は・・・





その街と猫は陽が射すと微睡む
その街と猫は陽が射すと微睡む posted by (C)りうです



今日も異常なし、のようです。











そのままぶらぶらと明治神宮へお散歩。





高砂や この浦舟に帆を上げて
高砂や この浦舟に帆を上げて posted by (C)りうです



吉日だったのか、それとも普段からこうなのか知らんけど、
結婚式で頭のでっかい綺麗な嫁さん達が大勢いたので、
モデルさん代わりに撮影の練習させてもらった。


カメラをガッツリ向けても怒らずに無料で撮影させてくれる美しき嫁の皆様、ありがたやありがたや。


何十人もの玄孫、来孫、昆孫、仍孫、雲孫に囲まれて毎日笑顔の絶えない老後に至るまで、末永く幸あれかし。











更にぶらぶらとお散歩、渋谷へ。





Tokyo Drawing Girls 1
Tokyo Drawing Girls 1 posted by (C)りうです



これは…あれだ…パルコだったっけか、スペイン坂ん所のTOKYO FMのスタジオが入ってるビル、
あれの壁に、女子高生っぽい女の子達がウォールアートをやってた。





Tokyo Drawing Girls 2
Tokyo Drawing Girls 2 posted by (C)りうです





Tokyo Drawing Girls 3
Tokyo Drawing Girls 3 posted by (C)りうです



変にテクニックをこねくり回したりせず、邪気やタナトスを微塵も練り込まず、
陽のエネルギーをストレートに迸らせてるアートは、見る方も素直に楽しく見られて元気になれるから良いやね。











それにしても、新宿から渋谷までふらふらと徘徊しただけでこれだけの大変化。

他にもエネルギーの漲る写真がたくさん撮れた。

…まぁ、特に新宿と渋谷は際立って個性の強い、曲者臭がプンプン漂う街だって事もあるかもしれんけど。



行く度に変化し続ける街という舞台装置を背景に、あちこちから集まって来た一期一会の人達が、
みんな「自分」というハマリ役の人生を、熱を持って表現してるもんなぁ。



新宿や渋谷という名の野外劇場は、いつ訪れても新鮮で飽きないよなぁ。





2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: c632e4323b6a0550b598fae6bd2ff9b6
    しばらく、りうですさんのブログを見なかったら
    記事がたくさんですねw
    今日は読むのはこの辺で・・・って
    来なくてまた記事が増えてたらどうしようwwwww
    あはははw
    記事内に個人名が出てましたが高名な写真家さんの名前ですか?
    りうですさんはいろんな知識を持っていて
    羨ましいです。^^
    写真家と言うと・・・宮嶋茂樹さんや鴨志田穣さんしか知らないです。w
    写真家ってーか、戦場カメラマンですがw
    気分が落ち込んで笑いたい時、
    鴨志田穣さんの「アジアパー伝」シリーズをお勧めします。
    宮嶋茂樹さんの本も面白いですよ。
    お二方を知ってたら…ごめんなさいねw
    東日本大震災の記事のほうにコメント書いたのですが
    コメントが投稿できないのでこちらに書き込みます。
    記事作成、お疲れ様でした。
    あまり長々と書くとまたコメント拒否になるかもなので
    こちらに書きました。

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうだねー、俺は書くリズムが一定じゃないからなぁ。
    めんどくさい時は何か月も放置するし、言葉が湧いてくる時は連続して
    ドカドカ書くもんなぁ。
    でも面白いカメラを入手してから、あちこちで撮ったスナップ写真を載せると
    言葉をひり出さなくてもネタにできるから、手抜きだけど更新頻度は
    少し上がったかな。
    うん、記事内に出てくるのは超すごい写真家の人達ばっかりだね。
    街の人々を優しく撮る人、女性を美しく撮る人、激動の時代を切り取る人、等々…
    みんな遥か高みのステージにいて、作風を真似する事さえできない。
    もし彼らの真横に立って、同じカメラ、同じ構図、同じ絞り、同じシャッター速度で撮っても
    絶対に同じレベルの写真は撮れない、という異次元クラスの方々だね。
    戦場カメラマンって言うと、一般的には渡部陽一さんやロバート・キャパさんが
    出てきそうだけど、"不肖"宮嶋さんと西原のダンナ、という
    両極端の強烈なお二方が思い浮かぶのがすごいよね(´∀`)
    どの本だったか忘れたけど、宮嶋さんが某国の将軍様の頭頂部を撮ろうとした時の話は
    ご本人は笑いごとじゃないんだろうけど、俺は腹抱えて笑わせてもらったな。
    なんだろう、コメント投稿できなかったのか。ごめんね。
    なんでかな。俺のやたら冗長な長文は投稿できるのに。
    投稿間隔が短くて、連続投稿とか思われたのかな???なんだろ。
    ともかくせっかく書いてくれたのに、ごめんね。

    返信削除