2014年2月27日木曜日

東京お散歩 in 大雪 その2 東京駅~銀座、新橋あたり




 今回は2014年2月9日のお話です。



前日に大雪が降り、ドサッと積もったので、気もそぞろにイソイソと自宅と周辺の雪かきを終わらせ
ダッシュでカメラを片手に東京都心~銀座辺りへ行ってみたら、もう大体、主な場所の雪かきは終わってて、
せっかく寒い中を頑張って出撃したってのに、雪があんまり写ってない、という…。





銀座にて
「銀座にて」



あ~も~、なんで我が輩が写真撮る前に雪かきしちゃうのよ~、困るなぁ~。



日本に住んでらっしゃる地球人の皆様方は、みんななんでこんなに真面目なんだろうか、
ほんと困った人達だよなぁ~、んも~(´・ω・`)











 まぁそれでも収穫はいくつかあって。


俺は東京民だけど素寒貧のマルビなので、都心なんてブルジョワジーが集うエリアは恐れ多くて普段なかなか近寄れず
たまに行く度新たな発見があるんですが、今回の発見は、これ↓





東京駅前 すずめ、整列っ!!
「東京駅前 すずめ、整列っ!!」





東京すずめ なんかおくれ
「東京すずめ なんかおくれ」



東京駅~皇居外苑辺りのすずめって、なつっこいんだね!!


上の写真は皇居外苑で写真を撮ってた時。


「よぅ、俺だよ、スズメだよぅ!!なんかおくれよぅ!!」って
俺の周りをグルグルピョコピョコ周るんですよ(´ω`*)





東京すずめ・足跡の水飲み場
「東京すずめ・足跡の水飲み場」



↑こっちは東京駅の前、雪の上を俺が歩くと寄ってきて、靴跡にできた水たまりで水を飲むんですよ。


うおー なにこの子達、超カワイイんすけど(人´∀`).☆.。.:*・゚


よしよし、次に行くときは、何か美味しいものを持って行ってやろうな、ぐふふ( ´ ii ` )


…猫や鳥のご飯代、おやつ代だったらいくらでも出てくるのに、自分用のエサ代はいつもキツキツです。なんでだろ。











 続いて銀座。





街を見守るお父さん
「街を見守るお父さん」





銀座のマネキンはお行儀がよろしい
「銀座のマネキンはお行儀がよろしい」





雪とワイン 4
「雪とワイン 4」





和光ビルと雪だるま 1
「和光ビルと雪だるま 1」


↑こういう撮り方したら巨大な雪だるまが銀座を歩いてるみたいに見えるかなぁ、と思ったけど
撮ってみたら、全然見えないね(笑)


この雪だるまは小さいのを自分で作って、目の前にあった信号機の制御箱(?)の上に載せて撮りました。


「なにいっ!?雪だるまを自分で作った!?それは、捏造のヤラセ写真じゃないか!!
そんな手を加えた写真、全然リアリズムじゃないっ(#゚Д゚)!!」


とかなんとかご立腹なさっちゃう大先生、今でもいらっしゃるんだろうか…(´-ω-`)











 ちょこっと新橋。





新橋ガード下
「新橋ガード下」





みんな気になるポンヌッフ
「みんな気になるポンヌッフ」



新橋駅横の立ち食いそば屋さん、ポンヌッフ。


「ポンヌッフ」の「ポン」はフランス語で「Pont」=橋、 「ヌッフ」はNeuf=新しい、だそうで、
すなわちフランス語で「新橋」を意味しているんですねぇ。


店名のセンスも発音も、実に「Tres bien!」ですよね(^^)





文化劇場
「文化劇場」



一週間毎に上映作品が変わる新橋の映画館、新橋文化劇場。


すご~く狭い範囲の人達にしか伝わらないであろう話で恐縮なんですが、B級映画、ダメ映画ファンの皆様、
ポスターを貼っている従業員さんの足元、上映中の映画にご注目下さい。


なんと、エド・ウッドの「プラン9 フロムアウタースペース」と
「ゾンビ」(ダリオ・アルジェントさんが監修した方のやつね)のコンボ!!!!!



まさか東京のド真ん中で、映画ポスターの並び順を見て、噴くのを必死でこらえるような事態が起きようとは…



上映作品を決める方の心中に一体何があったのか、若干心配ではありますが(笑)、
しかしこの組み合わせのセンスの良さ、さすが文化劇場!!イカしてますよね(´∀`)ъ♪


この二本立てコンボを観たくて、きっと日本中、いやさ海外からも映画ファンがどっと押し寄せるに決まってるから
お正月の明治神宮みたく、警察のみなさんが総出で交通整理しないと
新橋周辺は間違いなく大混乱状態に陥るだろう、と心配していたんですが、この時は何故か意外と平穏でした。












月を指す
「月を指す」





やがて日は暮れ、夜景を撮りつつ東京駅へ戻ります。





雪の行幸通り・日暮れ
「雪の行幸通り・日暮れ」





東京駅の日は暮れて 2
「東京駅の日は暮れて 2」





下3枚、江戸川乱歩の世界みたいな妖しい香りが漂う写真、ちょっと面白いと思いませんか。





パラレルワールド・トウキョウ 現る 1
「パラレルワールド・トウキョウ 現る 1」





パラレルワールド・トウキョウ 現る 2
「パラレルワールド・トウキョウ 現る 2」





パラレルワールド・トウキョウ 現る 3
「パラレルワールド・トウキョウ 現る 3」



わかるかな?


水たまりに映った東京駅を撮って、写真をさかさまにしているんです。


最近の東京はすっかり水はけが良くなったので、よほどの大雨や大雪の直後でないと見られなくなってしまいましたが、
現代の技術では、まだ行き来はできなくとも、水たまりの向こうに観察できるもう一つの世界には
やっぱり大勢の人達が笑ったり、怒ったり、泣いたりしていて、もしかしたら、そこにはもう一人の自分がいて、
熱気球に乗った怪盗と推理勝負を繰り広げたりしているかもしれませんよ、ふふっ(^^)











 さてと、次回は一週間ぐらい後、2014/2/14のお話。

またもや大雪警報が発令され、関東各地の集落が雪で孤立、交通機関も大幅に乱れるほどの大雪が降ったため、
「東京で雪がよく似合う場所はどこかなぁ」と考え、すぐに思いついた素敵な場所へお散歩&撮影してきましたので
そちらをご案内しようかと思います(^^)






2014年2月12日水曜日

東京お散歩 in 大雪 その1 東京駅~皇居




 2014年2月8日、強い寒気と発達した低気圧の影響により、関東各地は記録的な大雪に見舞われ
東京でも実に45年ぶりとなる、27cmの積雪が観測されました。


交通機関への影響も大きく、高速道路は各地で通行止め、また鉄道のダイヤも大幅に乱れました。


気象庁はこの大雪に対し、前日の夕方から緊急会見にて「不要な外出は控えて下さい」との呼びかけを行い、
8日午前には、13年ぶりとなる大雪警報が発令されました。





Tokyo in Monochrome Tokyo Station from Gyoko-dori Street in snow
Tokyo in Monochrome Tokyo Station from Gyoko-dori Street in snow posted by (C)りうです





いいいぃぃぃやっほほおおおおおぉぉぉーーーーーーーーーい!!!



雪だー!!雪でござるぞー!!!皆の衆、雪が降ってきましたぞー!!!!!
ばんざーい!!!ばんざーい!!!ばんざーい!!!!!
ふぉーーーーーーーーーーーーーぅ!!!!!



というわけで、早速猛烈な大雪の降りしきる東京都心、東京駅から皇居へと
ぶらぶらお散歩しながら写真を撮ってきましたので、良かったらご覧下さい(^^)











まずは東京駅から。





東京駅 丸の内駅舎 天井
東京駅 丸の内駅舎 天井 posted by (C)りうです





雪の東京駅 お疲れ様です
雪の東京駅 お疲れ様です posted by (C)りうです



東京駅、丸の内駅舎前にて。


JRの方か、それとも東京ステーションホテルの方かな、わからないけれども、
東京駅前で、黙々と雪かきをなさっていました。


ここに限らず、あちこちの家の前で、会社の前で、お店の前で、
雪が延々と降り続く中、みんなでせっせと雪かきです。


いや、もちろん、やらなきゃならない事ではあるんだけどもさ、
でも、大変だよねぇ、雪かき。


腰は痛いし、肩はだるいし、根性なしの東京人な俺は、たった一日でもやれやれ、お腹いっぱいな作業です。


いやぁ、雪国の人達は毎年毎年、大変だろうなー。


ともかく、東京の快適さを人知れず支えるお父さんのその姿、こっそり記録させてもらいましたよ(^^)












Tokyo in Monochrome Tokyo Station from Gyoko-dori Street in snow II
Tokyo in Monochrome Tokyo Station from Gyoko-dori Street in snow II posted by (C)りうです





Tokyo in Monochrome Gyoko-dori Street in snow
Tokyo in Monochrome Gyoko-dori Street in snow posted by (C)りうです



上二枚は前後向きを変えてるけど、同じ「行幸通り」という場所で撮っています。


行幸通りは皇居から東京駅の前まで、まーっすぐに伸びる、広ーい道で、
現在は歩行者と、天皇陛下か外国の大使を送迎する馬車しか走れません。


この道を馬車が走ってる場面、一度でいいから、生で見てみたいよなぁ。
綺麗なんだろうなぁ。












雪の皇居外苑
雪の皇居外苑 posted by (C)りうです





Tokyo in Monochrome National Gardens,Kokyogaien in snow
Tokyo in Monochrome National Gardens,Kokyogaien in snow posted by (C)りうです



東京駅から行幸通りをまっすぐ歩いて、皇居に到着しました。


写真は皇居外苑、広々とした公園になっています。


上の写真みたいなところで、例えば雨合羽を着て長靴をはいたチビッコが
テケテケ~、と走ってきてドテーン、とコケたら、素晴らしい写真が撮れるんだけどなぁ~・・・


な~んて思ったところで、もちろんチビッコなんか、一人も来やしません。



この大雪の中、お仕事中の方達や、海外からいらっしゃって強引に観光なさってる方々を除くと
他にポツリポツリと歩いているのは、みんなカメラを持って大喜びで写真を撮ってる方ばかり。


上のベンチの所でも、「撮影スポット、御相伴させてもらって良いですか?フフッ(^^)」


といらっしゃったのは、カメラを携えてニッコニコのお父さん。



…んも~、気象庁が不要な外出は控えるように、って、あれだけ厳重注意を呼び掛けているんだから
仕事以外のみんなは家でおとなしくしてりゃいいのに、しようがないなぁ、んも~。



…なにしろ「写真好き」の人達ってぇのは、ちょっとでも「良い写真が撮れそうだな…うふ…」と思ったが最後、
良い状況だろうが悪い状況だろうが「これは良いシャッターチャンス!」と自動的にポジティブ脳内変換、
もうあっという間に頭の中が一面お花畑になっちゃって、例え大雪だろうが大嵐だろうが絶対じっとしてられず、
どこへでもカメラ片手にキャッホルンルンで出かけちゃうんだから、まったくもって困ったもんです。





傘の雪が重うございます
傘の雪が重うございます posted by (C)りうです



・・・ちなみに、もちろん一流のプロ写真家達も、写真に対する偏愛は、いよいよもって濃厚を極めます。



例えばスナップショットの名手、木村伊兵衛さんは
撮影に行った秋田で猛吹雪の中を強引に出撃、帰ってきたら


「バカヤロウ、撮れるわけないじゃないか。吹雪で絞りもシャッターも見えやしないんだ」


それでも

「自分を甘やかすと写真の本質が写らない。
自分を厳しい所に置いて体験したことが、今後の写真にプラスになるんだ」

だそうです。

(「木村伊兵衛の眼」より 当時案内役をした岩田幸助さんの話より引用、抜粋)



それから森山大道さんも、若かりし頃に


「土門拳は筑豊へ行ったし東松照明は長崎へ出掛けた。「でオレも」と考えたが…」…軍資金が無い。

で、当時住んでいた所の隣町、(ベトナム戦争の頃、荒れていた)ヨコスカでストリートスナップ。


「僕はよく地廻りや靴磨きの連中に追われてドブ板通りや汐入の路地を逃げまわった。
(略)僕はカメラをかばいながらヨコスカの路地を駆けぬけてばかりいた。
フィルムは何本抜かれたか分からない、太腿を蹴られて二日間ビッコをひいていたこともあった。


でも僕は面白くて仕方がなかった。」


だそうで。

(「犬の記憶」より引用、抜粋)



それに、ナショナル・ジオグラフィックのフォトグラファーを20年間続けているジョエル・サートレイさんは


「(華やかに見えるこの仕事は)実際には、ラマの頭やテンジクネズミ、
ピラニアや生きているカブトムシを食べざるを得なくなり、
ハチやグリズリー、ジャコウウシやいろいろな悪漢に追いかけられた。


さらにカビで耳が聞こえなくなり、いちどに3匹の犬にかみつかれ、体を食い尽くす微生物に寄生され、
脚に大きな穴を開けられることもあった。


(略、それでも)たぶん私の使命は、まだ時間が残されているうちに、人々に注意を促すことなのだ。
すばらしい画像は必ず人々の足を止めさせる。それこそが写真の醍醐味であり、パワーなのだ」


とおっしゃってます。

(「ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 完全マスター」より引用、抜粋)



ね、みんな「写真」や「シャッターチャンス」という魔性の妖魔に完全に心奪われ、
理性やら常識やら「ちゃんとした大人」に必要な、あらゆるものを破壊されちゃって
すっかりトリガーハッピーならぬシャッターハッピー状態、脳内一面にカメラのお花が咲きまくっちゃってます。


ほんとしょうがねぇよなぁ(´-ω-`)



ともかく、良い子と良い大人のみなさんは、警報が出ているような悪天候時はフラフラ出歩かず
無駄な外出を控え、お家で心静かに過ごしましょうね。





雪でも元気っ!!
雪でも元気っ!! posted by (C)りうです











更にお散歩は続き、皇居の中へ。


東御苑という所は、一般の方でも入れるんですよ(^^)





雪の大手門 1
雪の大手門 1 posted by (C)りうです





Tokyo in Monochrome NInomaru Garden,Tokyo Imperial Palace in snow
Tokyo in Monochrome NInomaru Garden,Tokyo Imperial Palace in snow posted by (C)りうです



↑ここは二の丸庭園。

かつて小堀遠州さんがデザインしたお庭を復元したものだそうです。

(元々のオリジナルの庭は、何度か火事に遭って荒廃したとかなんとか。)


ここはね、雪があってもなくても、まぁ実に美しく落ち着いた癒しスポットでして、とても和みますよ。





江戸城 本丸跡
江戸城 本丸跡 posted by (C)りうです


↑中心部の広大な芝生広場は、江戸城本丸の跡地なんですよ。


赤穂浪士でおなじみ「松の廊下」があった場所、大奥のあった場所などに立てば、
みなさんもきっと歴史のロマンを感じることができると思います(^^)





シベリアですか?いいえ、皇居です。
シベリアですか?いいえ、皇居です。 posted by (C)りうです





皇居 東御苑 雪の百人番所 1
皇居 東御苑 雪の百人番所 1 posted by (C)りうです





皇居 東御苑 雪の百人番所 2
皇居 東御苑 雪の百人番所 2 posted by (C)りうです



↑ううう上の二枚は百人番所と申しまして、かつて「鉄砲百人組」と呼ばれていた
伊賀組、甲賀組、根来組、廿五騎組が、それぞれ百人ずつ、交代交代でここに入り、警備をしていました。


こここの組の名前を聞いただけで、れれ歴史好きは萌え上がるんじゃないですか(´∀`)



ほほほ他にも紹介したい所がたたたくさんあるんですが、ななにしろさささ寒くて寒くて
てかあまりに寒すぎてなんかあちこち痛くなってくるし、拭いても拭いてもレンズにどんどん雪が積もっちゃうし
フフフファインダーは曇っちゃってよく見えないしカメラバッグのほんのわずかな隙間から
雪がどんどんどんどんどんどんどんどんバッグの中に吹き込んでバッグ内にまで雪が積もり始めちゃって
なななんかもうわわわわけわかんなくなってきたのでてててて撤収しました(((゙◇゙)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ



ちなみに、この大雪の次の日、たーくさん雪が積もった東京も、続けて写真を撮りに行ってきたんですが
その時のお話と写真は、また後日(^^)