2014年6月29日日曜日

よこすかYYのりものフェスタ その3 保線用車両と露店の食べ物等




 よこすかYYのりものフェスタのお話、 その3です。

(その1はこちら   その2はこちら



海自のヘリが飛んでいくのをガッツリ満喫した後は、鉄道の保線用工事車両を見物に
JRの横須賀保守基地へ移動、午後2:50頃に到着しました。





出発進行! 軌道自動自転車(ATカート)
「出発進行! 軌道自動自転車(ATカート)」





プラッサー&トイラー KSP2001 道床安定作業車
「プラッサー&トイラー KSP2001 道床安定作業車」




高所作業用軌陸車のバケット
「高所作業用軌陸車のバケット」





マルタイと軌道自動自転車(ATカート)
「マルタイと軌道自動自転車(ATカート)」



ふぉ~~~~~~~~~~~!!!!!
マルタイと軌道自転車が、こんなにも近くで観察できてふぉ~~~~~~~~!!!!!


鉄男、鉄子のみんなは、もう、この風景をおかずに、ご飯三杯ぐらいいけちゃうよね?


わかる!!超わかる~(*´Д`)ハァハァ!!



これら保線用車両に関する知識は、もはや地球人なら誰もが知っている常識レベルの話だろうとは思うんですが、
まぁせっかくなので、一応解説をば。


さて、まずは上写真で奥にいる大きな車両はスイスのMATISA製B 50 J A8、
これは「マルチプルタイタンパー」という種類の保線用車両なんですが
そのままだと長ったらしくて呼びにくいので、気軽に「マルタイ」って呼んであげて下さいね!


「マルチプル・タイ・タンパー」を英語で書くと「Multiple Tie Tamper」。

「Multiple」は「複合的な」というような意味、「Tie」は枕木、「Tamp」は(地面などを叩いて)突き固める、という意味です。


普段、列車が線路を走ると、振動で砂利が逃げたり削れたりして、少しずつ線路が歪んでいくんですが、
このマルタイは、そうした線路の歪みをみつけると、自分で線路を枕木ごと持ち上げつつ
砂利を突き固めて歪みを修正していく、実に賢い、縁の下の力持ち、といった車両でして・・・・・・





「ピンポンパンポ~ン

本日はご来場、まことにありがとうございました。
こちらの一般公開は、まもなく午後3時をもちまして終了とさせていただきます・・・・・・」







   ____
r、/  ⌒ ⌒ \
|.l1 (● ) (● )ヽ  えっ?
.|^ )  (__人__)  |
.ノ ソ、_ ヽノ _/ ̄`!
/  イ         イ7 _/
{__/\        ヽ {








いや、いやいやいやいや、俺、ついさっき、2時50分頃に着いたばっかりなんすけどwww


え・・・・・・いやいやいやいや・・・・・・え・・・・・・もう終わり・・・・・・?


・・・・・え・・・・・・?





(それでもわずか10分で、ここにいるみんなが見せるハッピーな瞬間をこれだけの枚数撮れてしまう
我が撮影の腕前を、誰かチヤホヤと褒めたたえてくれちゃっても、いいんだぜ~?)











 ……いや、まだだ!!まだ終わらんよ!!


まだヴェルニー公園の露店では、横須賀カレー大集合と鉄道グッズ達が、俺を待っているっ!!





どぶ板食堂 Perryのカレー
「どぶ板食堂 Perryのカレー」



こちらは「どぶ板食堂 Perry」というお店のカレー。



や、これはマジで美味かったな!!


第二回自衛隊カレーグランプリ(?)とやらで優勝したらしいですけど、うん、わかるわ~。


「本格派」を名乗るカレーの中には、しっちゃかめっちゃかにスパイスをぶち込んで
舌がマヒするような辛さだけを売りにしているような物も時々あるんだけど、
ここのは辛さじゃなく、ちゃんと深みのある、味の美味しさで勝負してます。


とろみのあるルーは、よく煮込まれた数々の旨味がしっかりと凝縮・調和しており、
ジャガイモが口の中で心地良くホロホロほどける食感も、なんだか懐かしい気分にさせてくれるカレーです。


俺は辛すぎる食べ物はちょっと苦手なんだけど、これはすごく好きだなぁ。





宇治金時っ!!宇治金時っ!!わおー!!
「宇治金時っ!!宇治金時っ!!わおー!!」



これは京都、宇治抹茶のかき氷とかなんとか、まぁ宇治金時ですな。


ものすげえポンコ・・・ゲフンゲフン、かなり使い込まれたトラディショナルな風情のご老体電動かき氷器が
シャッ・・・シャッ・・・シャッ・・・シャッ・・・と、ゆっくりゆっくり氷を削って行く様をのんびり見物しつつ
出来上がったかき氷を口に運んでみると、羽のようにふわふわの氷が舌の上でそっと優しく溶け、まことに美味、うん。


最近の一般的な、暑いさなか口に運ぶとガツンとパンチの効いたザラザラ氷もいいけど、
ふわっと口当たりの柔らかい、昔ながらのこういう優しいかき氷も、やっぱり良いもんだねぇ(´∀`)











これら美味しい物を次々味わいながら、ごきげんで港の向こう側をふと見てみると
のりものフェスタのプログラムには含まれていないけど、とても珍しい風景が。





USS Fitzgerald (DDG-62)、USCGC Morgenthau
「USS Fitzgerald (DDG-62)、USCGC Morgenthau(WHEC-722)、そうりゅう型潜水艦(SS-505 ずいりゅう?)」



左の軍艦は米海軍のアーレイバーク級イージス駆逐艦フィッツジェラルド、
右の潜水艦は海自のそうりゅう型(なので多分ずいりゅうだろうと思うけど、同型艦との見分けはつきませんm(_ _)m)、


この左右二隻はともかく、これらに挟まれた真ん中の船、これが何故かアメリカ沿岸警備隊の船なんです。


この三隻が並んで一枚の写真に収められるなんて、まぁ滅多にない珍しい光景なんじゃないでしょうか。



一体どうしたの???





・・・・・・よし!!わかった!!





我が輩の冴えわたる推理によれば、沿岸警備隊の皆様は、こっそりお仕事ブッチして
のりものフェスタ見物と横須賀カレーを食べに来たに違いないっ!!(どどんっ!!)



うん、わかるわかる、超わかるわぁ~!!



なんたって、たくさんの乗り物とたくさんのカレーが集う超デラックスなドリームイベント、
やっぱり男子の人生においては仕事なんかよりはるかに重要だよな!!


うんうん、超わかるわ~、うん。



よし、この風景は見なかった事にして、米沿岸警備隊の本社には内緒にしといてやんよ~(`ー´)☆











 さてと、次は他の横須賀カレーも、もう二、三杯味わってみようかな、
それとも、そろそろ鉄道グッズを買い漁ってくれようか、などと思案していると



「ほ~た~るの~ひ~か~り~

窓の~ゆ~~~~き~~~~~~


・・・・・・本日はご来場ありがとうございました

こちらのイベント、まもなく午後4時にて終了となります」



時計チラッ。


午後3時55分。



あ~も~なんだよ~早いよ~一日過ぎるの早過ぎるよ~これ絶対どっか時空歪んでるよ~なんだよんも~(´Д`lll)


というわけで横須賀駅へと移動、駅構内で大勢暮らしていらっしゃるツバメの皆様をゆっくり観察し、





横須賀ツバメ カッコよく撮ってね!
「横須賀ツバメ カッコよく撮ってね!」



んじゃ、最後のお楽しみに残しておいたEF64、EF65と旧型客車の特別編成列車をゆっくり撮影しましょうか(´∀`)



とおもったら、ホームはもぬけの殻。





どうやら特別列車は午後3時過ぎ、とっくに横須賀駅を出て行ってしまわれたらしいです。



















:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   :::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     :::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  --‐` ´::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  (○)  ::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  (_人_)::_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/     ::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       :::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |          ::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |          ::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. | |          ::::|::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:/|          ::.:|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(_|     __   .:::|_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

















というわけで



【次回以降、よこすかYYのりものフェスタに行かれる方へのアドバイス】



・フィジカルを鍛え上げ、移動を素早く。

縮地や影分身の術をマスターしておくと良い。チャクラをしっかり練り上げておくように。





おわり。




2014年6月25日水曜日

よこすかYYのりものフェスタ その2 護衛艦てるづきとSH-60J




 よこすかYYのりものフェスタ2014のお話、その2です。

(その1はこちら



今回はまず平成25年3月に就役したばかり、最新鋭の護衛艦てるづきのお話から。





DD-116 護衛艦てるづき 2
「DD-116 護衛艦てるづき 2」



いただいたパンフレットによれば、てるづきの全長は151mですからジャイアント馬場75人分、
そして基準排水量は5050tですから、なんと小錦25250人分!!



…いや、基準排水量とか全然意味がわからねぇけども、とにかく小錦25000人分とか、なんかすげえ感じだよな。





護衛艦てるづき 高性能20mm機関砲(レイセオンMk.15 ファランクス)とFC
「護衛艦てるづき 高性能20mm機関砲(レイセオンMk.15 ファランクス)とFCS-3A」



CIWSは毎度おなじみ、レイセオンのファランクス。


搭載されたM61A1、20mmガトリング砲は毎分3,000発、すなわち1秒間に50発ですから
なんと高橋名人の約3倍の速度で弾丸を連射、ミサイルから何から、近くに飛んできたあらゆる物をはたき落とします。



インドマンもビックリの連射力だな。



もっとも、あまりに連射力が速すぎて、わずか20秒で弾切れしちゃうので
その度にいちいち人力で弾薬を補給しなくちゃいけない、とかなんとか、
ちょっぴり切ない話を耳にした事もございます・・・・・・(´・ω・`)




さて、結構保守的な火器の装備と違って、一気に進化していたのがレーダーシステム。


最近の護衛艦って、もうフェイズド・アレイ・レーダーを搭載してるんだね!!



上写真、艦橋のオデコ部に、おばあちゃんがこめかみに貼ってる白いテープみたく貼りついている八角形の白いパネル、
これが新型のフェイズド・アレイ・レーダーで、艦の前後、左右二か所の計四か所に装備されています。



今までの一般的なレーダーと見比べてみましょうか。





護衛艦ゆうぎり 艦橋構造物と乗組員さん
「護衛艦ゆうぎり 艦橋構造物と乗組員さん」


(↑乗組員さんをコッソリ写し込もうとしたら、レンズに気付いた乗組員さんがビシッと敬礼をしてくれたおかげで、
画面全体にグワッとエネルギーが満ち、とても活力ある良い写真になりました、ありがとうありがとうm(_ _)m)


上写真は護衛艦ゆうぎり、写真中央上あたりにあるのが今までの一般的な二次元対空レーダーです。


これがクルクル回って周囲を見張るんですが、レーダーの正面にあるものしか映らないので
丁度レーダーが後ろを向いている時に高速の飛翔体が飛んできたりすると、ちょっと反応が遅くなりますね。


しかしフェイズド・アレイ・レーダーは、八角形パネルの下に小さなレーダーがずらっとたくさん並んでいて、
それらが常に四方をキョロキョロと見張っているので、死角ができないんだそうですよ。


これはイージス艦と同じレーダーシステムですから、少なくとも探査能力に関しては
恐らく現時点で世界最高レベルなんじゃなかろうかと思います。





護衛艦てるづき デコイランチャー
「護衛艦てるづき デコイランチャー」


↑少しCGアニメっぽい雰囲気の写真に仕上げてみました、これは自走式デコイランチャー。

(「MOD」はMObile Decoyの略だそうです)


「デコイ」というのは元々、鴨猟の時に鴨をおびきよせるため、本物そっくりに作られた鴨の模型の事です。


この自走式デコイは、発射されると船そっくりの音を出しながら逃げるので
敵艦から発射された魚雷は、うっかりだまされて自走式デコイを追っかけていってしまう、というものらしいです。





・夕暮れ時の海辺にて



「さぁ、私をつかまえてごらんなさーい!! うふふっ!!」



「ははは 待て待てー!! ほーら捕まえた、もう君を離さないぞ・・・・・・って・・・・・・え?」



全然見ず知らずのおばちゃんでした



ドッカ~ン!!!



みたいな。











 さてさて、護衛艦と海自のイベントをタップリ満喫したら、ちょいと小腹が空いてきましたよ(´∀`)

 もうそろそろ、お昼になるだろうかなぁ、

んじゃ、食べさせてもらおうか、ご当地ご自慢の横須賀カレーとやらをっ!!



時計チラッ。



午後二時。



・・・・・・もう、ごごにじっ(゚Д゚;)!!!


これはいかんっ!!もうちっとキビキビ行動せねばっ!!


と、ここで「もうすぐヘリコプターが離陸しま~す」の声が!!!





SH-60J
「SH-60J」





SH-60J ローター始動
「SH-60J ローター始動」





SH-60J テイクオフ 1
「SH-60J テイクオフ 1」





SH-60J テイクオフ 2
「SH-60J テイクオフ 2」





SH-60J テイクオフ 4
「SH-60J テイクオフ 4」



SH-60Jふぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!
離陸を真正面で見られてふぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!
かっけ~~~~~~~超かっけ~~~~~~~~~~~~!!!!!


撮ってる時は夢中で気付かなかったけど、写真をよく見ると、
中の人達、手や扇子を振ってくれてたね(^^)





以下、SH-60Jについて、あれこれ調べてみました。


まず全長は19.8m、Zガンダムとちょうど同じ長さだね!


それからターボシャフトエンジンの出力は、離陸時で一基あたり1800馬力(SHP)だそうです。

零式艦上戦闘機二一型(零戦)が搭載している栄一二型エンジンの出力は離陸時で940馬力だそうなので、
このヘリは片側のエンジンだけで、零戦の二倍近いパワーを絞り出しているんですね。


ベルヌーイの定理なんて野暮な話を持ち出すと収拾がつかなくなると思うので控えますが、ともかく、
翼の生えている飛行機は、自然界からとても大きな力で手助けしてもらって、大空へと舞い上がって行くんですね。


ちなみに本文とあまり関係ありませんが、仮面ライダーV3の愛車、ハリケーン号の最高出力は
零戦二一型とほぼ同じ最高1000馬力、またエンジンは原子力エンジンなんだそうで、
くれぐれも事故のないよう、風見志郎さんの安全運転を願わずにはいられません。






SH-60J テイクオフ 3
「SH-60J テイクオフ 3」



SH-60Jは、海自では「回転翼の哨戒機」とされています。



お腹の下についているホットケーキみたいな丸いでっぱり、これがレーダーで、
SH-60Jのレーダー情報は、護衛艦でも同時に見られるんだそうです。


要するに、空を自由に飛び回れるレーダー、という役割を主に任されているようですね。



このヘリ、護衛艦周辺の艦艇、飛行機、ミサイル、と、なんでも探知できるようですが
SH-60Jをライセンス生産している三菱重工は、この機種を「対潜ヘリコプタ」と呼んでいて
対潜水艦用の短魚雷も装備できるそうなので、潜水艦を見つけて追っかけ回すのが得意なのかもしれません。


もっとも、横にホイスト(人命救助用のウィンチ)が装備されていましたし、
いざとなればドアガンも装備できるらしいので、どんな仕事でもこなせる万能のヘリコプター、といった所でしょうか。



ちなみに鼻がもっととんがってて、メインローターのブレード先端がグニャッと曲がってて
右側の窓が二枚あるのはSH-60K、だそうです。





・・・・・・さてさて、目の前で行われたヘリの離陸もばっちり楽しんだ後は、
時間が予定よりもオーバー気味なので、食事を後回しにしてJRの保線基地へ向かってみますが・・・


保線車両と食べ物など、続きのお話は、こちら





2014年6月23日月曜日

よこすかYYのりものフェスタ その1 EF64+旧客特別編成列車と護衛艦ゆうぎり




 さてさて、今回は2014年の6月15日、横須賀で行われました
「よこすかYYのりものフェスタ2014」というイベントのお話、その1です。


このイベントは、なんと!!


・JRが旧型客車の特別編成列車を運行

・JR横須賀保守基地でマルチプルタイタンパーの実演と軌道自転車の乗車体験

・海上自衛隊横須賀地方総監部では艦艇を一般公開

・三笠公園には特殊用途自動車等が集結

・ヴェルニー公園では横須賀各地でご自慢のカレーなどが一堂に会し、
更に鉄道グッズを販売



これらが全て同日に行われるという、超特盛りな夢の乗り物イベントとなっております。



・・・おいおい、いくらなんでもデラックス過ぎるだろこれ・・・体がいくつあっても足りないじゃないですか・・・
乗り物オタクなおっさんの体を少しはいたわっておくれよ、困っちゃうなぁ、んも~、んふんふ( ´ ii ` )


などと思いつつ、事前に知った「特別列車は大船を13:55発~横須賀に14:22着」という情報を元に旅のしおりを作成。



【ぼくのかんがえた よこすかYYのりものフェスタ2014 完全攻りゃくフローチャート】


・午前 海上自衛隊の艦船を見学

・お昼 各地から集結したご自慢の横須賀カレーを片っ端から試食、やたらと女将を呼ぶ

・午後 保守基地でマルタイの実演など見物、14:00ぐらいになったら旧客の写真を撮りに駅へ行く

・ヴェルニー公園で鉄道グッズを買いあさった後、三笠公園へ移動、車や三笠を見学





・・・ん~、Perfetto!!


というわけで横須賀駅に行ってみると・・・・・・




EF64 1001 よこすかYYのりものフェスタにて
「EF64 1001」





ふぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!
すでに旧客の特別列車が入線しとるふぉ~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!
先頭はEF64-1001号機!!茶釜ふぉ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!





かっこよく撮れたかな? EF64-1001と旧客
「かっこよく撮れたかな? EF64-1001と旧客」





編成の反対側にも機関車が連結されたプッシュプル、
どうやら反対側の機関車は、特急色のEF-65のように見えますよ!!うっひょ~、たまら~ん(*´Д`)ハァハァ

よ~し次はEF65を撮影だ!!とホームを移動し始めた途端、


・・・ガッタン・・・ゴトトン・・・は~い黄色い線の内側まで下がってくださ~い・・・


大船に向けて出て行ってしまわれました・・・(´-ω-`)


・・・まあ良い、午後二時過ぎに戻って来るから、その時改めて、舐め回すように激写してくれるわ、ふはははは~!!


というわけで、この後、まずは海上自衛隊の護衛艦を見学に向かいました。











水兵さんも護衛艦見学に来ました
「水兵さんも護衛艦見学に来ました」


(↑護衛艦の一般公開に、何故か水兵さん達が結構見学にいらっしゃってました。
横須賀には、あの~、なんだっけ、水兵さんの学校があるんだけど、そこの学生さん達かな?

普段、船と海にドップリ浸かった日々を送っているだろうに、休日にまで護衛艦見物とか、
いやぁ、素晴らしい船愛だねぇ、いいよいいよー!!

熱中できる好きなものがある人に、悪い奴はいません、ね!)



さて、今回、海上自衛隊横須賀地方総監部で一般公開されていた船は、


・護衛艦 ゆうぎり
・護衛艦 てるづき
・護衛艦 ちびしま


の三隻。

(すいません、この後ヘリの離陸イベントに夢中になり、ちびしま撮るのド忘れしましたm(_ _)m)



というわけで、まずは典型的な護衛艦のスタイル、ベテランの護衛艦ゆうぎりから。





護衛艦ゆうぎりとRHIB
「護衛艦ゆうぎりとRHIB」






護衛艦ゆうぎりと横須賀と俺
「護衛艦ゆうぎりと横須賀と俺」





護衛艦ゆうぎり 魚雷庫入り口
「護衛艦ゆうぎり 魚雷庫入り口」





護衛艦ゆうぎり 航空魚雷揚げ降ろし安全守則
「護衛艦ゆうぎり 航空魚雷揚げ降ろし安全守則」



乗組員さんがみんな気のいい朗らかな人達ばっかりなので、
船から海を眺めていると、ついほのぼの気分になっちゃうんですが、
ドアの入り口に貼られている「短SAMランチャー管制室」「魚雷庫」などの物騒な部屋名プレートや
あちこちに貼られている、守らないとマジで命に係わる注意書きなどを見ると、
やっぱり戦闘用の船だなぁ、と改めて思います。





護衛艦ゆうぎり OTOメララ62口径76mm速射砲
「護衛艦ゆうぎり OTOメララ62口径76mm速射砲」



艦首に備えられているのは、OTOメララの76mm砲。


よく戦艦大和やらは、艦の前後に大砲が何本も生えてるのに、
日本の護衛艦は戦車砲より細い76mm砲一本で、これ大丈夫かよ、一本じゃ足りないんじゃないの?と思ったんだけど、
ちょうど俺が砲の前に来たとき、砲をグリグリ動かしてくれたんですよ。

そしたらこれ、ギュンギュンギュンギュン、すんげえ速さで動くのな。

ほいでもって、ゴンゴンゴンゴン、かなりの速さで連射できるんだね。





護衛艦ゆうぎり 魚雷発射管内部
「護衛艦ゆうぎり 魚雷発射管内部」



↑これは魚雷発射管の内部。モノクロの、ちょっとだけアート表現にしてみました。

中はコンピューターやらコードやら精密機器でギッシリかと思ったら、意外とシンプルなのな。

他にもハープーンやアスロック等が載っていて、今の戦闘艦はあれだね、
大砲よりも、誘導兵器がメインなんだね。





護衛艦ゆうぎりとラッパの演奏展示
「護衛艦ゆうぎりとラッパの演奏展示」



自衛隊のラッパって、今でもピストンついてないんだね!!演奏難しそ~..( - -)


従ってドミソしか出ないらしいですけど、それだけでもまぁいろいろな曲があるもので、
起床や食事時などに奏でる曲を拝聴させていただきました。
非常にいい味を持った、伸びやかで艶のある、気持ちの良い音色でしたよ。


続いて最新鋭の護衛艦、てるづき見学の話、と思ったけど
多分話が長くなるし、じっくり少しずつ書きたいので、記事を分けます。



(続きは、こちら。)










写真展で入選を頂いて表彰された(´;ω;`)ブワッ




 日記です。



前にも書いたけど、写真展で入選をいただき、先日、新宿での表彰式にお呼ばれしたので行ってきた。



賞をいただいたのは、この写真↓






Tokyo in Monochrome Tokyo Station from Gyoko-dori Street in snow
Tokyo in Monochrome Tokyo Station from Gyoko-dori Street in snow posted by (C)りうです



雪が降りしきる凍える寒さの中、「北の国から」の五郎さんみたいに長靴ガッポガッポさせて
写真撮りに行った甲斐があった。


今回は印画紙を一工夫、写真の世界ではあまり馴染みが無いかもしれないけれど、
シルクスクリーンや銅版画等、版画ではよく使われている、ベランアルシュ紙を利用した。(仏キャンソン社製)


ざらざらした質感が、どこか絵本の世界のような非現実的なイメージを漂わせ
ややクリームがかった優しい白が、雪を柔らかい印象にしてくれた。


あの写真は、印画紙の特性によって一段と質を高めてもらった、と思う。


鮮やかなカラー作品の中では埋没してしまうかな、と思ったけど
実際カラー作品に囲まれて展示されているのを見るとそんな事はなく、
ちゃんと柔らかな印象のまま優しく落ち着いて主張していたので安心した。











表彰式へ行くにあたり、お祝いにサントーニのストレートチップの革靴と
ターンブル&アッサーのピンドット柄ネクタイを買った。


これでもう、ホワイトハウスのパーティーだろうが園遊会だろうが
どんなフォーマルな場にお呼ばれされても、堂々と胸を張って乗り込める。





Santoniの靴とTurnbull&Asserのネクタイ
「Santoniの靴とTurnbull&Asserのネクタイ」





生きてみると、こんな事もあったりするんだなぁ。









仕方がないので、頑張ってネクタイの結び方も暗記した。


プレーンノットの結び方は、俺に聞け!


もうしばらくの間は忘れないだろう!


もはや法事のたびに「誰かネクタイ結んでー!!誰かー!!」と叫んで
親戚のおっさん軍団やいとこ達をやたらと呼び集め、寄ってたかってネクタイを結んでもらう必要はないのだ!



もうしばらくの間は!









新宿では、もちろん迷子になった。


(※説明しよう!!

 りうさんは、新宿駅西口~ヨドバシカメラのカメラ総合館までのルートを少しでも外れると、
 一瞬で迷子になってしまうのだ!

 迷子になって しまうのだっ!!!)



・・・・・・そもそも初っ端、新宿駅から屋外への脱出が相当困難だった。


新宿駅からようやく屋外に脱出した後も、会場のパークタワーなる高層ビルへは
道路をまっすぐ行って「新宿中央公園」という公園に突き当たったら左折で到着、と地図に書かれていたので
その通り、道路をまっすぐ行って公園に突き当たり左折したんだけど、何故かどこまで行っても高層ビルがない。



「これは・・・・・・サイレンは聞こえなかったが、どうやら異界に迷い込んでしまったようだな・・・・・・
どこかにいるはずの頭脳屍人を、倒さねばなるまいっ!!」



と思ったら、俺が突き当たった公園は「新宿中央公園」ではなく「新宿御苑」という別の公園で
どうやら全く真逆の方向へ進んでいたらしい。



ぐぬぬ・・・おのれ新宿・・・。











結局30分以上遅れて会場に到着したけど、そこは扉もなにもない自由な空間で
集まっている人たちも、いかにも写真好きそうな朗らかな方達が
ごく普通の服装でニコニコと寄り集まっているだけだったので、緊張感が一気にほどけた。


表彰式の大半は、協賛企業の人達によるお祝いの言葉&自社製品のPRだけども、
ピクトリコや富士フイルム、堀内カラー等々、写真してる人ならお馴染みのメーカーの人達が次々登場して
「あぁ、こんな人達が関わっているんだなぁ」と思うと、物言わぬ製品群に血が通った気がして、
なんとなく、一層親近感が湧いた。




表彰状をいただき、入選作品が展示されているギャラリーへ。



俺は基本的に、俺が超えられないセンスや腕がある人の作品を見ると心が折れて落ち込んでしまうので
いわゆる「ハイアマチュア」と呼ばれるような方々の作品は、普段なるべく見ないようにしてるんだけども、
今回の入選作品群は、どれもこれも、そういう事を全然気にさせない、なんというか、
撮ってる人が純粋に、すごく楽しんで撮っているのが伝わってくる、見ていて元気になってくる、
鑑賞していて楽しく爽やかな、気持ちの良い作品ばかりだった。



みんな、写真撮るのがほんと好きなんだろうなぁ、と。うん。









ともかく、ごちゃごちゃ書いたけど、あれは、行って良かった、俺は。


そしてフラフラと霧の中を彷徨っているような状態の中でいただいた賞は、心の寄る辺になった。
これは、本当に、本当に、励みになる、うん。





写真で表彰状を頂いた日 メッシ、香川、フィリップ・ラームと一緒に記念撮影
「写真で表彰状を頂いた日 メッシ、香川、フィリップ・ラームと一緒に記念撮影」





全然まとまりないけど、日記、おわり。うん。





2014年6月8日日曜日

今まで一度も見た事のない、結構よく見る珍鳥を初めて見た。 ~ハッカチョウ~




 神奈川県横浜市にある「港の見える丘公園」付近で、
今まで一度も出会った事のない、とても珍しい鳥に遭遇しました。



【珍鳥の特徴】


・体の色は黒で、目とクチバシ、足が黄色い。
 地面にいると九官鳥を大きくしたように見える。

・体の大きさは、ハトよりは小さいが、ムクドリよりは大きく見える。

・クチバシの付け根に、リーゼント的な、ロカビリー的な、
 なんかこう、モコモコの、ビッとした、アイデンティティーの主張がある。

・鳴き声は、高く澄んだ、よく通るソプラノボイスで「フイッ フイッ」と歌う。

・飛ぶ時、羽に大きな白い模様が見えて綺麗。

・芝の上を歩きながら、なにかを黙々と食べていた。
クチバシはヒヨドリと同系統の形なので、きっと木の実や虫などを食べるんだろうと思う。





……カメラが手元になく、写真を撮れなかったので、記憶を頼りに絵を描きます。





資料を見ずに描く!! ハッカチョウ



「資料を見ずに描く!! ハッカチョウ」











インターネットがとても発達し、自宅に居ながらにして、まるで世界一の図書館に座っているかのごとく
名前を知っている物や事柄については、容易に知識を深める事ができる、素晴らしい時代になりましたが、
例えば知らない鳥や花の名前、あるいは匂いや味、など、正確に名前を表現できない事物については、
まだまだ調べるのが難しいですよね。


みなさんは知らない鳥や花を見つけた時、、インターネットや図鑑でサッと調べる事ができますか?



しかし、おいらが今回初めて出会った珍しい鳥については、
実は今まであちこちで見た事があるので、その正体を探りやすかったです。


どういう事かと言うと、この鳥、日本画で結構よく描かれているんです。


上野の国立博物館だったかなぁ…確か狩野派の方が掛け軸で描かれていたし、
あれは…どこで見たんだっけかな…確か、横山大観さんもこの鳥を描かれていたと思います。


それから…他にも…誰だか忘れましたけども、ともかく、日本画の世界では割とあちこちで見かけるんですよ、この鳥。



で、見た事のないこの鳥の絵に、大体「叭叭鳥(ハハチョウ)」という、まるで聞いた事のない名前だけが添えられており、

(いやだから、叭叭鳥って誰よ・・・あなたは一体どこでこの鳥を見て描いたのよ・・・)

と、絵を見るたびにいっつも思ってて、妙に気になっていたんです。











結論から言えば、この鳥(叭叭鳥)は、現在では「ハッカチョウ」と呼ばれているそうです。



国立環境研究所の侵入生物データベースに情報がありました。


元々住んでいたのは中国の中南部やミャンマー、ベトナム等、東南アジアの大陸部で、
日本へは江戸時代に飼い鳥として輸入され、逃げ出したか、あるいは飼い主の放した個体が野生化したのではないか、
との事です。

(※詳しいデータはこちら→国立環境研究所 侵入生物データベース ハッカチョウ


ハッカチョウは、神奈川県内では1980年代から繁殖が記録されているようで
日本野鳥の会による1992~93年の調査では、横浜市港南区上永谷において
ごく局地的に数十~百を超えるぐらいの集団が確認された、という記録があるので、
ジワリジワリと時間をかけて、少しずつ生息範囲を広げてきているのかもしれませんね。



ともかく、よく通る澄んだ歌声と羽の白い模様がとても綺麗な鳥でした。


みなさんも、港の見える丘公園の近くにいらっしゃったら、是非ハッカチョウを探してみて下さいね。


もし見つけたら、いい事があるかもしれませんよ(^^)





2014年6月1日日曜日

東京上空にブルーインパルス出現!!




 さてさて、来たる2020年に開催される東京オリンピック&パラリンピックに向けて
国立競技場を、建て替えるんだか、それともリフォームするんだか、なんだかよくわかんないんですけども、
ともかく現在の国立競技場とはお別れらしく、「さよなら国立競技場」というイベントが行われていたようです。


で、このさよならイベントの目玉の一つが、なんと国立競技場上空をブルーインパルスが展示飛行する、というもの!!


そんなわけで、ブルーインパルスが東京上空を飛ぶ2014年5月31日、
どうにか仕事を早く終わらせる事ができたので、家に着くなり猛ダッシュで出撃、
とりあえず渋谷へ駆けつけ、写真を撮ってきました(^^)





渋谷上空 ブルーインパルス 2
「渋谷上空 ブルーインパルス 2」



ぐぅおおおぉぉぉぉおおおおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


超かっけえええぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


見られて良かったぁぁぁーーーー!!!!!











・・・・・・いやぁ~、しっかし、どうにかこうにか撮れたけど、撮るの難しかったあ~~~( ;´Д`)



撮りに行かれた皆様方は、良い写真が撮れましたか?



東京ローカルな話で恐縮なんですが、事前に知った飛行経路が大体南北の直線なので
渋谷駅前から井の頭通り方向を眺めていれば飛んでくるのが見られるかな、なんて思ってたんですが
なにせ周囲は高層ビルだらけで、視界が遮られまくり。


実際には、じーっと空を眺めていたら、想像していなかった、真横にある高層ビルの陰から
突然ブルーインパルスがキュワワー、と飛び去って行くのを見つけ、大慌てでカメラを振って追いかける、という
すばしっこい野生生物並みの高難度撮影で、構図なんか考える余裕もありませんでした。


航空祭で、周囲に高層建築物がなく、見晴らしの良い基地の滑走路上をフライパスしてくれる飛行機、というのは
恵まれた撮影条件なんだなぁ、と改めて思いました。





ブルーインパルスと渋谷ヒカリエ
「ブルーインパルスと渋谷ヒカリエ」





渋谷上空 ブルーインパルス 3
「渋谷上空 ブルーインパルス 3」





あまりにも膨大な歩行者数から世界一とも言われる渋谷ハチ公前のスクランブル交差点で
お互い全く関わる事無くすれ違って行く、別々の人生をそれぞれ歩んでいる何百人、何千人もの人達が
ブルーインパルスが飛んで行くのを見上げた瞬間だけは、皆、うわっ!!と子どもの笑顔に戻って大喜びするんだよね。


あの、ほんの一瞬だけではあるけれど、それでも、あの場に居合わせたみんなが楽しい気持ちを共感して広がってゆく、
幸福な波紋の中にいられたってのも、また爽やかな体験でした。












渋谷上空 ブルーインパルス
「渋谷上空 ブルーインパルス」





現象を言葉にしてみれば、編隊を組んだ戦闘機が白煙を出して飛んでいく、たったそれだけの事なのに
どうしてあんなにパワーをもらえるんだろうね。


ブルーインパルスは、今までも、これからも、どれだけ多くの人にパワーを与え続けて行くんだろう。


あたしゃなんだか最近くさくさしていたんですけれども、実に清々しい、大きなパワーを頂戴しました。


パイロットさん、整備士さん、関係者さん、ありがとう、ありがとうm(_ _)m





ブルーインパルス
「ブルーインパルス」





おわり。