2014年9月26日金曜日

ニコンDfに似合うレンズ、こんなのはいかが? ~ペッツバールレンズのレビュー~




 さて、今回はクラシカルなスタイルがとても素敵なニコンのカメラ、
「Df」に似合うレンズはどんなものがあるかなぁ、と、日々妄想を膨らませている方も多いと思うんですが
「見た目が似合う」という点においてはかなりポイントが高いと思われる、こんなキワモ・・・・・・
・・・・・・ゲフンゲフン、とても個性的なレンズを入手しましたので、感想文と作例を載せておこうと思います。






NIKON Df+Petzval Lens

「NIKON Df+Petzval Lens」





かっこいいでしょ?



この真鍮製レンズは「ペッツバールレンズ」と申しまして、
今から170年以上も前の1840年に誕生した伝説のレンズを
「ロモグラフィー」という、なんというか、とても独特なノリの人達が復刻させようと企み、
ロシアのZenit社にて一本一本手作りされたものだそうです。



絞りは上写真の手前に並んでいる穴の開いた板をレンズ上部のスリットに差し替える事で変更し、
ピントはレンズ横についているネジを回すことで合わせます。


すごく高級な「学研の科学」などの付録みたい、レンズの原理が体感できて面白いですね(^^)


(上写真に写っている星形や六角形の絞り板はプレオーダー時に注文するとおまけでついてきましたが、
今、普通にレンズを注文すると別売りになっているようです)


・・・・・・ちなみにレンズキャップはただかぶせるだけの代物で、
レンズを下に向けるたび「カラーン」「カラーン」と落ちますから、普段はつけない方が良いです(えー)



マウントはニコンFマウントとキヤノンEFマウントの二種類、
色は真鍮そのままとブラックの二色が用意されています。



(ロモグラフィーのペッツバールレンズ販売ページに飛びます→Lomography Art Lenses


※革カバーは「鳥井工房」さんが作られたもので別売りです これがあるからいよいよかっこいいのだ
     ↓
鳥井工房 ペッツバールレンズのケースとストラップ販売ページ





このレンズは85mmの開放F値2.2ですから、まさにポートレイトに適しているだろうと思うんですが、
その手の人物写真についてはロモのみんなが既に素晴らしい作品をたくさんネット上に展示してくれていますから
んじゃ、ここではいつも通り、普通の人が街を徘徊しながら普通にあれこれシャッター切ったら
まぁ、大体こんな感じの写真が撮れましたよ、というサンプルを何点か載せておきますので、
良かったら参考程度にご覧下さい。











 まずは撮ってそのまま、何もいじらずRAW→jpegです。
(現像ソフトは「シルキーピックス PRO5」、デフォルト設定のシャープも全部無しにしてある、と思います)


あぁ、そうそう、絞りは全て開放のf2.2です。
(写真によっては多少のトリミングはしてあります)





ペッツバールレンズ試し撮り ハナトラノオ?

「ペッツバールレンズ試し撮り ハナトラノオ?」

(花の名前は全然詳しくないので、間違ってたらガンガンツッコミ入れて下さい、お願いしますm(_ _)m)



↑ペッツバールレンズの購入を検討されている方は
この、安い焼酎で泥酔した時のようなグルグルボケの効果を狙っている方も多いかと思うんですが
グルグルボケはかなり条件が揃わないと、なかなかここまで盛大には出ないように思います。



・絞り開放
・レンズから被写体までと、背景までの距離バランスが丁度良い所を探す
・背景がゴチャゴチャした木々の葉っぱなどだとわかりやすい



など。


まぁ、デジカメだったらその場で写真を確認、何度でも撮り直しできますし
ポートレイト撮影だったらグルグルが出る位置までモデルさんに移動してもらえば良いから問題ないとは思いますが、
ただ、開放で撮りさえすれば背景のボケがいつでもどこでもグルグルする、という性質のものではないです。





シュウメイギク?

「シュウメイギク?」



↑もちろんこのレンズは「逆光に強いなんちゃらコーティング」なんてハイテク技術は施されておりませんから
ちょいと逆光を入れてお花など撮影してみるとご覧の通り、三途の川の向こう岸、みたいな幻想的な風景になります。

なんと言うか、21世紀に入ってから、この手の写真を久しぶりに撮った気がします。











↓絞り開放のまま、被写体から少し離れてごく普通にスナップ、で大体こんな感じです





邂逅

「邂逅」





邂逅 II

「邂逅 II」





邂逅 III
「邂逅 III」





写真の中心部だけがきちんと解像して、周辺部へ離れるほど歪んだりぼやけたりするので
パキッと精密に表現する最新のレンズに比べて視線が写真の中央に集中しやすく、立体感が出やすいようですね。

印象や記憶の世界に近い空気感と雰囲気のある写真が撮れるように思います。



ちなみにつまんない写真だから載せないけど、f5.6やらf8あたりの普通の絞りでは、ごく普通の写真に撮れます。
その手の作例は多分ネット上に誰かが載せててくれてるだろうと思うので、そちらをご覧下さい(え~)












なにかがおかしい 1

「なにかがおかしい 1」





クチビルゲ現る!!

「クチビルゲ現る!!」



魔人ドルゲをル~ロルロロ やっつけるん~だ ズババババ~ン♪(*´○`)o¶~~♪



・・・・・・まぁあれだ、このレンズは構図がどうのこうの、などと難しい事を考えている暇があったら
日の丸構図でサッサとパシャリ、とお気楽な使い方をするのが似合っているように思います。



例えば休日、とりあえず通りすがりの中華屋さんでビールと餃子をちょいとつまんでご機嫌な気持ちになったら
後は頭カラッポにして、「なんだこりゃ、面白い」「綺麗だな」など、ふと目に留まったものを
何も考えず、ドカンドカンとファインダーの真ん中に置いて片っ端から撮って歩く、なんてユル~い過ごし方をされると
気持ちがほぐれて、なかなか楽しいんじゃないかな、と思います(^^)










 以下は室内で落ち着きのない暴れ猫撮り、ほぼ最短撮影距離の1m前後。
こちらは色味などを多少自分好みに変えましたけど、まぁ、大体こんな風に写ります。





さぁ、どこからでも かかってらっしゃい!!

「さぁ、どこからでも かかってらっしゃい!!」





そいやっ!!

「そいやっ!!」





ほりゃさっ!!

「ほりゃさっ!!」





ぶえっ!!

「ぶえっ!!」



もちろん、動物に対してこの距離でこのレンズはすごく難しいので、こういう使い方はおすすめはしませんけど、
なにも必ずピンをピタッと当てなきゃいけない、という堅っ苦しいルールに縛られる必要もありませんので、
ベス単遊びとまではいかないかもしれませんけど、被写界深度内に収まらない所で表現される
このとてもフワフワ柔らかなソフトフォーカスを、わざと狙って使ってみるのも面白いかもしれませんね(´ω`*)











 このレンズで撮影された写真は、撮ってそのままでももちろん面白いんだけど、
画像編集ソフトで加工する素材としても、非常に面白いんじゃないかと思います。



ん~、例えばトイカメラ調のアレンジはとてもよく似合うだろうし、





ペッツバールレンズ試し撮り トイカメラ調

「ペッツバールレンズ試し撮り トイカメラ調」





あるいはフイルムカメラがお好きな方は、お気に入りのモノクロフイルムをポコンとカメラに詰め込んで
この柔らか~い表現に合わせて昔ながらの軟調に仕上げ、自分好みの綺麗なグレーが出るまで追求してみたり、
逆に何かうっぷんの溜まってる方は、そのマグマを指先と両目に込めて、
「写真撮影のお作法なんぞ知ったこっちゃねーや」と根底から知らんぷりしつつ
『provoke』時代の写真みたいに、目に見える世界の全てを自分なりの解釈で自由に切り取って表現してみたり、ね。





無題

「無題」





このレンズ、「ベテランでも初心者さんでも同じように高精細写真が撮れる」という
現代の超高性能レンズとは全く真逆で、例えば10人が10回、同じ所でシャッターを切ったとしても
同じ写真は一枚も撮れないんじゃないか、と、そんなふうに感じます。



そして細かい所が写り過ぎない、という事は、写真を見た人の想像力で補てんされる余地、
あるいは撮る人のセンスやイマジネーション、腕や気持ちの入る隙間がたっぷり残されている、という事で
とても自由度の高い、表現幅の広い、そして奥の深いレンズだと思います。





・・・・・・しかしあれだよね、ニッコールやツァイス等、現代の最新技術で作られた
超高性能レンズによる宝石箱のように綺麗で高精細な写真も、
大昔の大らかな時代に作られた、こんなに大きな声で自己主張する、個性たっぷりのレンズも
同じ一台のカメラで楽しめて、本当に、楽しい、良い時代になりましたね(´∀`)






0 件のコメント:

コメントを投稿