2015年8月2日日曜日

うどんだけじゃないうどん県旅行記 ~その3 高松城跡と丸亀城~





さて、香川県旅行記その3、ラストは高松城と丸亀城のお話です。



その1 男木島のお話はこちら

その2 佐柳島の話はこちら



まずは高松城跡から。


高松城はJR高松駅のすぐ目の前なので大変アクセスが良いですね。


お城の前には琴平電鉄の高松築港駅があり、
どっしりした石垣を背景に可愛い琴電がのんびり待機している風景はたまらなく素敵で
全ての男子と一部の特殊な女子にとっては、この眺めをおかずに
軽くご飯三杯はいけちゃうと思います。





琴電 高松築港駅の夕景の写真
「ことこと琴電 高松築港駅」




高松城は明治の版籍奉還で廃城になったそうで、現在は天守閣はなく、
櫓や門などがポツリポツリと残る他は、主に和風の庭園になっており、
「玉藻公園」とも呼ばれています。





高松城 月見櫓に月の写真
「高松城 月見櫓に月」





高松城、玉藻公園内の披雲閣等、庭園の写真
「高松城 玉藻公園 披雲閣」





玉藻公園の出猩々の写真
「玉藻公園の出猩々」




個人的に、ここですげえ面白かったのは「エサやり」でした。


何故お城でエサやりなのか、といいますと・・・・・・


こちらをご覧ください。↓





高松城(玉藻公園) お堀の鯛の写真 1
「高松城(玉藻公園) お堀の鯛 1」



これ、お堀の中を撮った写真なんですが、魚がウジャウジャいますね。

ちょっとわかりづらいと思うんだけど、お堀=鯉かと思いきや、
さすが海城高松城、なんとみんな「鯛」なんです(´∀`)


C-PLフィルター持って行けば、もうちっとはっきり撮れたかなぁ・・・・・・
せっかく高い金出して買ったのに、いっつも持って行くの忘れちゃうんだよなぁ・・・・・・
・・・・・・ブツブツブツブツ・・・・・・



で。



高松城(玉藻公園) 鯛のエサを販売しているガチャガチャの写真
「鯛にエサをあげよう!!」



こんなスポットがございまして、左のガチャガチャに100円投入すると
なんと鯛のエサが買えちゃうんですな(人´∀`).☆.。.:*・゚


ここで購入できるエサは、鯉のエサのスイミーっぽいペレット状の固形物で
ワームみたいな生々しいアレじゃなく、手も汚しませんのでご安心を。


それでは早速、お堀にエサを投入してみると・・・・・・





高松城のお堀で大はしゃぎする鯛の写真
「チヌ軍団 大はしゃぎ」





チヌ軍団、メッチャ大はしゃぎ!!!




うおーーーなんだこれはーーー超楽しーーーーー!!!



タイもお腹が減~るのっかな~

ずっと泳いでいるんだもんっ

きっとお腹が減るんだね~


(さぁ皆さんもご一緒に)


スイミ~ スイミ~ よっく食~べる~ スイミ~~~~♪(´∇`*)ノ



・・・・・・いや、スイミーかどうか知らんけれども。



ともかく、うちのグッピー軍団に匹敵する警戒心の無さ、
釣り人に釣られる心配がない場所で伸び伸び暮らす、とてもラテンな性格の鯛たちは
非常に可愛く、眺めてて楽しいので、皆様方も是非エサやりに挑戦してみて下さい。



ちなみにえさのガチャガチャの中にはおみくじが入っていて、
当たりが出ると高松城特製ピンバッチ等がもらえるらしいです。





鯛のエサのおみくじの写真
「鯛のエサのおみくじ」


うむ。はずれ。


「念ずれば花開く   ひょい   」だそうです。


ぐぬぬぬぬ・・・・・・。





高松城の天守台と舟の写真
「高松城 天守台石垣と舟」



天守閣は、やがて復元しようという野望があるらしく、
現在は天守の台にあたる石垣の再構築が完了していました。


陽気な鯛が暮らすお堀では、和船が観光客を乗せてのんびりまったり運行していて
これまた楽しそうでしたよ(^^)









さて、お次は丸亀城。


高松駅からJR予讃線で丸亀駅まで約30~40分、
丸亀駅から歩いて10~15分ぐらいといった所でしょうかね、
ここもアクセスがしやすいと思います。





丸亀城とこいのぼりの写真
「丸亀城とこいのぼり」





丸亀城 大手門前の写真
「丸亀城 大手門前」


ここは現存天守十二城のうちの一つですが、いやぁ、全体の保存状態もすこぶる良くて
実に素晴らしいお城でした!!いいよいいよー!!


上の写真手前は大手門、奥に見えるのが天守です。


そして、いつも公開しているわけじゃないらしいんですが
大手門の内部はこんな風になっていました↓





丸亀城 大手一の門 内部の写真
「丸亀城 大手一の門 内部」



床も梁もいい感じの色つや、外から見るよりもずいぶん広く見えます。


てか、奥に鎮座している太鼓がすっげぇ気になる・・・・・・
・・・・・・叩きてぇ~・・・・・・16ビートで超叩きてぇ~・・・・・・ウズウズウズウズ



それでは場内に入ってみましょうか(´∀`)





丸亀城 あやめ池の写真
「丸亀城 あやめ池」






どっちに進んでも男な熱量の高い看板の写真
「どっちに進んでも 男っ!!」



どっちに進んでも、男っ!!(ドンッ!!)



なにがなんだかよくわかりませんが、とにかくほとばしる漢の熱い血潮を感じます。




丸亀城は小高い山の上に建造されており、周辺全体をよく見渡す事ができます。





丸亀城 石垣と坂道の写真 1
「丸亀城 石垣と坂道 1」



この、絶妙な勾配とカーブでうねる坂道とクオリティの高い石垣に
新緑のコントラストが実に素晴らしく乙なもんで、いやぁ、たまらんですな。


上り坂オタクの皆様にとっても、きっと満足度の高い名坂だと思います。






丸亀城 石垣と坂道の写真 2
「丸亀城 石垣と坂道 2」





丸亀城 石垣と新緑の写真
「丸亀城 石垣と新緑」



男木島や高松城でも思ったんだけど、香川は石垣の建造レベルが高い気がします。





丸亀城の石垣の写真
「 丸亀城の石垣」



この石垣の精巧さ。すげー!



「扇の勾配」などと呼ばれているそうですが、
石垣の重心を地中内部に集中・安定させつつも
恐らく外敵が登りにくく、城内方から攻めやすいように
上方へ向かうほど角度が反る様は
計算され尽くしたデザインが備える「美」を存分に見せてくれます。



さぁ、そして天守閣へ。





丸亀城 天守閣の写真
「丸亀城の天守閣」



あああああ   美しい   美しい



やはり日本のお城は最高だああああ(←瞳孔開いちゃった感じでビクンビクンしながら)



いやぁ、日本のお城をパスポートやビザ無しで見に行かれるだけでも
日本に生まれた甲斐があるってもんですな、うむ!!


大きさこそコンパクトですが、破風の作りなどはさすが
非常に丁寧に作り込まれており、いつまで眺めていても全く飽きません。





丸亀城とツツジとアゲハ蝶の写真
「揚羽蝶 躑躅の城壁を軽々と超える」





丸亀城 天守閣の銃眼の写真
「丸亀城 天守閣の三角穴と四角穴」



↑これも天守の写真なんだけど、三角や四角の穴がついているの、わかりますか?


この三角穴と四角穴、それぞれ使い方が違うんですが、
それぞれ一体なんのために作られた穴でしょうか?



正解は・・・・・・



現地に行ってガイドのお父さん達に教えてもらうが良い!!


(俺はガイドさんに教えてもらいました、
石垣の話とかすげえ詳しく聞かせてもらえます)



そして天守の最上階、お殿様のお部屋はこんな感じになっておりました↓





丸亀城 天守閣 最上階の写真
「丸亀城 天守閣 最上階」





おお、意外と狭い(;´∀`)


う~ん、お城に住むお殿様、なんて聞くと実に豪勢なイメージが湧くけれども
こうして見ると、実際には軟禁されて身動き取れないのと
大して変わらなかったのかもなぁ。


せめて酒とファミコンとハッピーターンがないと
三日ぐらいで飽きちゃいそうな感じがするし、
この狭い空間からお殿様がマーシーとクワマンの目を盗んでコッソリ外へ遊びに行くのも
かなり至難の業と言えそうです。


大政奉還後、将軍職を退いて写真撮影やサイクリング等の趣味に勤しんでいた
徳川十五代将軍慶喜さんなども、心の中では意外と

「あ~、せいせいした!将軍なんてブラック職、誰が二度とやるか!ベロベロベ~!」

なんて、密かに思っていたのかもしれませんね。






これにて2015年の香川県旅行記は終了です。


時間があったら琴電の乗り鉄したり、こんぴらさんに行ったりしようと思ってたけど
猫達とにゃあにゃあ話し込んでいると、すぐに時間が過ぎてしまいますな。


あと、もしネタが不足するようなら
「辛口評価で皆様おなじみ、海原りう山が勝手に決めつける!!
美味いうどん店ランキング」
みたいな事をやろうかとも思ってたんだけど、
うどんはどこの店で食ってもすげえうまいから、差のつけようがなかったです。

うどんはどうして、あんなに毎日毎日食っても毎日毎日美味いんだろうか。
俺がこっそり食ったお店は、みんな100ッ星だこのヤロー。


あと、香川はうどんだけじゃなく、鳥のからあげもやたらジューシーで、
どこの店で食べてもすっっっげぇうまかったですよ、是非是非!!











まぁなにしろ、非常に密度の高く、充実した、実に面白い旅でした。
皆様方も是非、遊びに行ってみて下さいね(´∀`)





要潤さんが若干おかしなテンションになっちゃうぐらい うどんが美味しい香川県の写真
「要潤さんが若干おかしなテンションになっちゃうぐらい うどんが美味しい香川県」









終わり。