2016年4月19日火曜日

日記。




 熊本の執拗な連続地震があまりに酷すぎる。


東日本大震災の時、俺は震度5だかであんなに怖い思いをして、もう嫌だと思ったのに
熊本は震度6と7に何度も襲われ、震度3.4.5に至っては未だ全く収まる気配もなく
いつまでも延々と繰り返されている。


いくらなんでも、ありゃあねえだろう。あんまりだよなぁ。


熊本城だって、単なる城好きの俺が映像見ただけでこんなにショック受けるんだから
地元の人達は、応えるだろうなぁ。

どんな時でも、そこにあって当たり前の光景、というのは、意識する、しないに関わらず
日々暮らして行く中で、心の支えになっていたりするものなんだよなぁ。


かつて阪神淡路大震災の時、倒壊してしまった高速道路の高架や建物をニュースで見て
あまりの惨状に、まるで怪獣映画の特撮シーンを見ているような空虚な現実感の無さと共に
「さすがにこれだけひどい災害は、もう生きている内には巡り合わないだろう」とも思っていたけど、
結局その後も新潟中越地震が来て、東日本大震災が来て、今回の熊本が来て、
地震以外の災害も含めて海外まで目を向ければ、地域を丸ごと絶望に追い込むような天災は
絶えることなく人々を襲い続けている。


地球は動き続ける膨大なエネルギーの塊なわけで、今の所地球の外殻にへばりついて
日々必死に暮らすしかない人類は、エネルギーの発現たるそれら災害を
理解して、予想して、対応するしかない、
と、理論上はわかっちゃいるんだけど、それにしても、ひでえよなぁ。


宇宙から見た映像では青い海に満たされ、とても静かで穏やかな印象のある地球だけど
やはりこういう災害が発生する度、地球を立体物として中心部までイメージすると
ほんの数十~百kmも地中を縦に掘り進めばそこは1000℃を優に超える灼熱のマントルが渦巻く
ほとんどが巨大なエネルギーの塊なのだという事、
人類を含め、生物はそれらエネルギーの外側にある、ほんの薄いカラの上で
日々過ごしているのだ、という事を痛感させられる。







ここからは個人的な昔話、地震ではなく火山の話だし、
もう数年前にお亡くなりになられてしまったんだけど、
以前、日本で最も火山に詳しい方に、ほんの少しだけ、勉強を教わった事がある。


その方は・・・・・・どこだったかな・・・・・・有珠山だか十勝岳か・・・・・・忘れたけど、とにかく
どこかの火山がもうすぐ噴火しそうだ、という情報を得て大慌てで駆けつけたら
丁度目の前で大噴火に遭遇、噴煙に囲まれて視界ゼロだわ岩石はボンボン飛んでくるわで
危うく死ぬ所だった、と目キラキラ、お肌ツヤツヤでお話されるような
人生を火山の研究に捧げられた方だったんだけれども、

(※↑いわゆるマグマが爆発するタイプの噴火の場合、山がプクーッと膨張し始めるので
山体の変化を注視していれば、それなりに事前の警戒をしやすいらしいです)

そういう筋金入りの専門家の方でさえ


「何十年、どれだけ研究を続けてみても、火山がいつ噴火するかなんて、全く予測できない」


そして


「だから、いつ噴火してもおかしくない、次の瞬間に災害が起きるかもしれない、と
想像して、心の備えをしておくのが大切だよ」


というような事を仰られていた。


土壌や地質学の先生達もやはり「地震の予測は現状ではまず無理」、そして
「天災は忘れた頃にやってくる」という寺田虎彦さんの言葉を引用し


だから「災害はいつ起きても不思議ではないものとして心構えをしておいた方がいいよ」


と仰られていた。








地球が誕生してから今日まで約46億年の間、あらゆる自然がずっと変化し続けているのに対し
例えば日本で気象庁の前身、東京気象台が気象と地震の観測を始めたのは
1875年、今からたった141年前だそうだ。

地球の歴史に比べれば、人類は、まだまだデータを積み重ね始めたばかり、というところ。


もっともっとテクノロジーが発達して、例えば断層に不自然に溜まったエネルギー量を測定
できるようになったり、マントルのエネルギーや熱量の変化を観測できるようになる日が来るまで
人類ができる事は日々データを黙々と積み重ねて、少しずつ、少しずつ、
「今まで重ねたデータと経験から、こうなる可能性が高い」という予測の精度を高めていく、
それしかないんだろう。


そして、起きた事を記録・記憶する、人類全体で情報を共有する、非常時を想像し備える、
といった程度の何の変哲もない事しか思いつかないけれど、
平穏で幸福な時にはおろそかになりがちな事をなるべくおろそかにしないという事、
でも、恐らく、それが大切な事なんだろう。



この陰険極まりない地震がさっさと収束し、一人でも多くの方が一刻も早く
「あの地震はひどかったなぁ」と思い出話、昔話へと記憶の深淵へ薄まって行き
不安の無い平穏な日々へ戻れますよう。










4 件のコメント:

  1. 本当にねぇ。いくらなんでも執拗すぎるよねぇ。

    はやく安心して寝られますように。普通にトイレやお風呂が使えますように。

    返信削除
    返信
    1. ねえ、震度7をようやくこらえたら、もう一回震度7とか、聞いた事ないよ。
      意味がわからねえ。なんだってんだろうね、ありゃねえよ、気の毒過ぎるよなぁ…。

      ほんとにさ、せめて「食う」「風呂」「寝る」の時ぐらいは、
      余計な心配や考え事せずに過ごせるようになるといいんだけどね。

      削除
    2. 6年前にわたしの病状が
      悪化して
      なかなか長文を読めなくなり
      今日、やっとこの記事を
      読みました。
      九州に従姉家族がおります。
      従姉家族は東日本にいた際、
      東日本大震災にあい
      九州に引っ越し
      今回の九州の震災に
      あいました。
      従姉の旦那さん家族は
      震源地の隣町に住んでましたが
      無事でした。
      でも、喜びたくとも
      死者や怪我人が出ていて
      素直に喜べないて
      複雑な胸のうちを
      FBで言ってました。

      削除
  2. amin48000.blogspot.com
    「あーみんZのお気楽極楽」で
    ブログを再開しました。
    ご迷惑でなければ相互リンク
    お願いします。

    返信削除