2016年8月15日月曜日

テナーサックスひとり発表会兼おみそ追悼コンサート  ~STARDUST~




えいっ!!!グサッ!!!
(↑ここを見てる人に不意打ちの地獄突き攻撃 ※よいこは ぜったいに まね しないでね!)



さあ、というわけで、いつも明るくすこやかなりうさんのブログですけれども。



今日は、普通のおっさんが2014年末に自分用クリスマスプレゼントとして
唐突に全く未経験のラッパを購入し、独学で休日などにブカブカ吹いていたら、
まあ約一年半ぐらいで大体これぐらい吹けるようになりましたよ、という
実験の実証記録データとして、録画した動画を載せておきます。


2016年の七夕の日に、あの世へ行ってしまったけれど
俺の足元にくるんと丸まってサックスの曲を聞きながら眠るのが好きで
我が心の拠り所だった猫のおみそへの追悼コンサートとしての意味もあります。

本当は、もう少しまともな「演奏」ができるようになってから、
おみそと一緒に登場したかったんだけれども。


それから、友達の結婚式なんかに呼ばれて「スピーチだめなら、なんか芸やってよぅ」とか
無茶苦茶言われても、これだったらまぁ大丈夫かなぁ、と思ったんだけど
よく考えてみたら友達が誰もいないので、いくら練習しても
発表する場がここしかない、という理由もございます。死にたい。


ともかく今の俺にはこれが精一杯、もう本当に、実に酷いけれども、でも一生懸命演奏しました。


曲名は「STARDUST」、作曲者はHoagy Carmichaelさんです。









まぁでも、結婚式や宴会なんかで一発芸程度に披露するぐらいだったら、
最低限、「うるせっつってんだお!!」なんて怒られる事はないかなぁ、と思います。

一年半前、「やっべ~これ本当に音出るのかよ~組み立て方間違えたかな~」なんてビビってたり
「おのれ小木、サックスでドレミが吹けるとは、こしゃくな奴!!」なんて思ってた頃よりは
多少の進歩はしたと思います(笑)


(参考:このサックスを買ってすぐの時の日記)


なにしろ、俺がこれぐらい吹けるようになった、という事は、
世界中の誰もが練習すれば絶対演奏できるようになる楽器だという事です。


サックス教室に通われるなら、俺なんかよりもっと早く、もっとぐんぐん上手になるだろうし、
ヤングの皆様方も、若いうちにお金を貯めるのは本当に大変だろうと思うけども、
どんどん吸収してどんどん成長する伸び代無限大の若い時から吹けるならば
ものすごい勢いで上手になっていくだろうと思います。


とにかく、もし「サックスやってみたいなぁ、難しいかなぁ」とムズムズしてる方がいらっしゃったら、
大きな音を出せる練習場所さえ確保できるならば、今すぐ楽器店に走って行って
(もし楽器屋さんが閉まっていたなら、シャッターをベチンベチンベチンベチン叩いて強引に開店させて)

「女将を呼べ~い!!この店で一番のサックスをもらおうか~!!女将女将~!!」

と大騒ぎして、おすすめのサックスを出してもらって速攻で買っちゃって、
その悩んでる時間を一秒でも長く、ロングトーン等の練習にあてた方が良いです。

これもまた、楽しみの対価として人生の残り時間を捧げるにふさわしい、
素晴らしい趣味だと思います。

少なくとも俺は買って本当に良かった。明らかに、出した金額以上に楽しませてもらっています。

カラオケと同じで、聞いてる方は「ひでえなぁ・・・(´-ω-`)」と思うんだろうけど、知ったこっちゃねー。

吹いてる俺は、最高にゴキゲンなんですヨ。







さて、今回関わった楽器や機材等についても、思いつく限りの感想文を書いておこうと思います。


まずはラッパ。

この縦長のラッパは「サックス」という種類の楽器で、口元の首部分がグニャッと曲がって
全体が少し大きめなのは、やや低音を出すのが得意な「テナーサックス」と言います。

(口元の首部分がまっすぐで、これよりもう一回り小さめなのは
もう少し高音を出すのが得意な「アルトサックス」と言います。)


【テナーサックスについて】


Tenor Saxophone:C.G.CONN 30M Conqueror


このテナーサックスは’50年代あたりまで米国のジャズシーンを支えた
「C.G.CONN」というメーカーの「10M」をさらにカスタマイズ仕様にした
「30M Conqueror」というタイプのもので、1938年(昭和13年)に作られた逸品です。

一台一台、丁寧に手彫りで女性の絵が描かれているので
「Naked Lady」という愛称でも呼ばれています。



C.G.Conn 30M Conqueror Naked Ladyの写真
「C.G.Conn 30M Conqueror Naked Lady」


未経験者は未経験者なりに、普通の入門用サックス的なものを買えばよかろうと思ったんだけど、
俺が聞いて好きな音色の人達はみんなC.G.CONNを使っているし、
この個体を見た時に「あ、こいつだ・・・」って、なんかビビビ・・・ときてしまったのでしょうがない。



【マウスピースについて】


Mouthpiece:Ted Klum Focustone Silver 7


マウスピースはテッドクラムさんのフォーカストーンというものの7番、
スターリングシルバーの銀無垢で作られています。

最初は「えっ、中が詰まってるんじゃないの」と思うぐらい入れた息が重くて、
なにか、吹いた息が壁に押し戻されるような感じがしたんだけども、
これに慣れてくると、大きい音を出す時だけグッと息を前に押し出し、
小さい音を出す時は抵抗に逆らわず吹き込んでやる事で、
上から下までやたら息を吹きこみやす過ぎるマウスピースよりも
かえって音の大小、強弱をコントロールしやすいように感じます。

また、一番気に入っているのが高音の艶やかさ。

中音域が鳴らしやすい、良い音色のマウスピースは他にいくらでもあるんだけど、
どれもこれも高音域になると急に瀕死の蚊の羽音の如くか細くなってしまうか、
あるいは昔のパソコンのBEEP音のようにベタッと潰れた野蛮な音になってしまうものが
多いような気がするんだけども、
(初心者のくせに偉そうに、もっと練習しろ、って?ひぃ、す、すいません( ;´Д`))
これは高音域、高いC~F#辺りまでも、とても楽に気持ち良く出せるだけでなく、
フルートかなにか、高音が得意な楽器に持ち替えたかのように
真っ直ぐ芯の通った音がよく伸びて、澄んだ音色がとても美しいと思います。


このマウスピース使って、高音域で「亡き王女のためのパヴァーヌ」吹いたりすると
とてもテナーサックス使ってるとは思えないような、夢のように澄んだ
綺麗なメロディーが聞けるんすよ(´▽`)はぁぁ・・♪


マウスピースはこれともう一つ、ゴッツという所のセピアトーンのジャズメタルっていうのかな、
これも俺好みの音な上に、高音から低音まで正しい音を楽に真っ直ぐに出しやすく
余計なストレス無しですげえ楽しく演奏できるのがあって、
この二つがすごく気に入ってて、今の所、これ以外のマウスピースはいらないです。



【リガチャーについて】


Ligature:SILVERSTEIN CRYO4 Gold


マウスピースとリードをくっつける、バンドのような部品を「リガチャー」と呼ぶそうで、
今回、リガチャーはシルバーステインというブランドの「CRYO4 Gold」を使いました。

今まで布のバンドのようなリガチャーを使ってて、音の頭が抑えられているような感じだったのが
これにしたら、音の頭を抑えつけているものがなくなって、一音一音の球が大きく伸び伸びと、
ピョンピョンと飛び跳ねるようにサックスからはじけ出てくるような感じ?です。



【リードについて】


Reed:Legere Signature 2 1/4


リードはレジェールのシグネチャー、2 1/4。
2 1/2は固すぎ、2は柔らか過ぎ。もうオレ、これでいいわ。これ以外は使わん。


最初の頃、普通の木のリードにあれこれ何千円も出した挙句、
一箱の中に当たり外れが結構あって、ダメなリードはどこをどうやっても音を出しにくく、
あーもっともっと練習しなきゃだめだなー、と思ってた時にこれを試したら
いともあっさり簡単にベーボーベーボー、と、なんの苦労も無く
軽々と音が出せた時の「え~なんだよもぅ~」な、あの拍子抜け感は未だに忘れない。

この後も一応ちまちまと色々なリードを試して、確かにこれと同じぐらい鳴らしやすくて
良い音が出るリードもあるんだけど、好んでそればっかり使ってるとボゴボゴになっちゃって
わりとすぐダメになっちゃうし、で、結局毎度毎度、やっぱオレこれでいいわ、って結論に戻ります。



【楽譜について】


楽譜は全音楽譜出版社の「テナーサックス・レパートリー Vol.1」より。

クラシックのメドレーからガーシュイン、日本の歌謡曲、海外のヒット曲まで
どこかで耳にした事があるであろう、幅広いジャンルの名曲があれこれ入ってます。
ボンジョヴィのLivin'on a Prayerなんか、吹いててめちゃめちゃ血がたぎって
超全力で吹きまくって、吹き終わった後は酸欠で頭クラクラ、足ヨレヨレです(笑)

ジャズの楽譜は、書きリブっての?アドリブ部分まで楽譜に書かれてあるので
そのまま楽譜通りにすっとぼけて演奏するだけで、聞いている人達に
まるでアドリブを吹いているかのように思わせる事ができます('▽'*)ニパッ♪

書きリブ部分はどの曲もとても甘美で上品なメロディーで、
ちゃんとした礼服を着るようなフォーマルな場で披露するにもふさわしい優美さだと思います。

問題は添付のおまけCDがカラオケだけで、模範演奏が入ってないので
楽譜があんまり読めない人だと、アドリブ部分がどんなメロディーなのか
わかりにくくて、演奏しづらいと思います。


ちなみに俺は、ずっと楽譜があんまり読めなかったんだけど、
サックスをやり始めてから、いくら単音とは言え、楽譜がもうちょっとちゃんと読めない事には
やっぱどうにもならねぇなぁ、と思って、結局電子ピアノを買い、夜ヘッドホン装備でカタカタと
「大人のためのピアノレッスン」という本を上下巻クリアできるぐらい練習したら、
まぁなんとかかんとか、以前より楽譜が読めるようにはなりました。

(音符が小節をまたいだり、細かい音符がデデッデ~と変なリズムで登場すると、
やっぱり一発では読み取れないんだけれども)

今、ピアノはバイエルってやつが83番まで、超ギリギリ、どうにかこうにか弾けるようになりました。

70番超えた辺りから突然難しくなって、80番あたりでついに両手クロスする技まで登場しやがって
小さなお子様の練習用だって聞いてたのに、
超難しいじゃないかコノヤロー。ダンカンコノヤロー。(肩クイックイッ)

あとはオスカーピーターソンさんのジャズハノンってやつを、執拗に練習してます。
YOUTUBEで模範演奏をよく聞かないと、楽譜をただそのまま弾いたら、絶対JAZZにならないのな。

サックスの方でも「イージージャズコンセプション」という、JAZZのノリを学ぶ教本を
しつこくしつこく練習してるんだけど、どっちも楽譜と実際に聞くメロディーが全然違ってて(?)、
模範演奏を聞くと「おぉ~、JAZZではこの小節をこう鳴らすのかぁ、うお~ジャズっとる!」って
結構ビックリします。



【スピーカーについて】


Speaker:Marshall Kilburn


チラッと映ってますけど、スピーカーはマーシャルのKilburnというものです。

さすがに音質も良いし、このサイズにしては充分な音量も出るし、
電源はコンセント以外にも充電池が内臓されているし、Bluetooth機能も搭載されているので、
このままどこへ持って行こうが、Bluetooth機能のある携帯型音楽プレーヤーから
そのままコードレスで電波飛ばして、バッテリー駆動で何時間か音楽を鳴らせます。

ウォークマンもスピーカーも、部屋のどこでも好きな所に置けてコード無し、
すげえ便利で、すげえ良いです。

これは屋外で路上ライブ、ゲリラライブ、パフォーマンスされる方なんかに最適だろうね。
酔っ払いやお巡りさんに絡まれても、これならサッと持ってバーッと逃げられるもんね。



【ビデオカメラについて】


Video Recorder:SONY HDR-MV1


最後に撮影したビデオカメラ、これはソニーのHDR-MV1です。

「ミュージックビデオレコーダー」という肩書きで売ってて、
自分の演奏を撮るのにまさにピッタリのものでした。

いくらだったっけ・・・2万円台だったかな、あんまり安いし小さいので
携帯電話よりはマシ、というぐらいのおもちゃに毛の生えた程度の代物かと思ってたら
音も映像もご覧のとおり、すごくちゃんとしたビデオカメラでした。
(↑おっちゃんはソニーのビデオカメラというと、どうしてもベータ時代の
ア~ラドッコイショと肩にかついで撮る巨大なアレを思い出してしまうのです)

なんでこんなに安いのか知らんけども、
さすがソニー、看板に泥塗るような雑なものは絶対出さないねえ。


これ、サックスやってる人は、自分の音の確認用に良いと思います。


録音した音を聞いてみると、サックス吹いてる時、自分に聞こえてる音と全然違うんだよね。

ほら、自分の声を録音してみると、なんかすごい変な声に聞こえて悶絶するでしょ、あんな感じ。


サックス吹いてる時はさ、

「いやぁ~俺、上手くなってきたよなぁ~ これ、あと40~50年も練習したら、
ブルーノート東京でおひとり様8500円取れちゃうぐらい、すごい上手になっちゃうんじゃないの?
原信夫とシャープスアンドフラッツからスカウトされたらどうするどうする(´ω`*)
とりあえず白いタキシード着ても透けない地味なパンツ買っておかなくちゃ(人´∀`).☆.。.:*・゚」


みたいな事を思うんだけどさ、録画した映像の音を聴くと

「あー 俺の音って、他の人が聞くと、こんなにポワポワしたショボい音なのかー(´・ω・`)」

ってテンションダダ下がりで滅茶苦茶がっかりして、もっと練習頑張ろう、という気になります。






これでほぼ全ての物に一言感想書いたかな。

なにしろ、音楽は良いよ。良い。楽しい。
みんなもなんか楽器やるべし。









0 件のコメント:

コメントを投稿