2018年7月4日水曜日

日記 サッカーW杯、ベルギー戦が素晴らしかった




2018年のサッカーW杯、日本対ベルギー戦は本当に素晴らしい内容だった(ノД`)



西野監督のイラスト
「2018年サッカーW杯 日本代表 西野監督」


……試しに西野さん描いてみたら全然似なかった……(´-ω-`)


ともかく、少なくとも、俺が今まで見た日本代表戦の中で
「ベストバウト」と言っちゃってもいいと思う、最高の試合だった。
すげえ良かった。すげえ良かった。

当日の仕事とか体調最悪で、もう「眠い」を通り越して
頭ぐるんぐるんでめちゃ気持ち悪かったけど、
でもそれ以上にあの良質な試合を観られて本当に良かった。

日本もベルギーもお互いフェアに戦って、
審判のジャッジも(当たり前かもしれんけど)きっちり正確で公平だったと思う。
日本の武士道vsベルギーの騎士道。ほんと清々しい、後味の清涼感。

評論家様やら上級玄人様らは「勝ってなんぼ」みたいなやらしい悪口言うんだろうけど
俺が一番重要だと思うのは、あのベルギー相手に真正面から堂々とぶつかって行って
きっちり2点取る事ができた、という事。

日本が世界に通用するようになってきているって事だよ。

すげえじゃねえか。すげえよ。

西野さんだって、事前の下準備もろくになかっただろうに
「日本代表の監督やってね(はぁと)」って唐突に言われて、いきなり引き受けて
あれだけこなしちゃうんだから、やっぱすげえよなぁ…。

ほんの二昔前ぐらいまではW杯に出場、なんて
それ自体がまるで現実感のない、妄想みたいな話だったんだぜ。

アジア予選ぐらいでも、敵陣ゴール前までボール持って行った時点で
どうもこうも手詰まりになって「あわわわわ…(´・ω・`;)」と
やたらめったら無駄にチマチマ横パス出しちゃすぐボール奪われて
「おーっとカウンター!危ない日本ー!」って散々っぱらやられたり、
後半30分過ぎたぐらいになるとみんなバッテバテのガス欠で
人生ゲームのピンみたく、ピッチに棒立ちになってたんだもんよぅ(´-ω-`)

それが今じゃ最後までなんとか戦い抜けるスタミナと、それにも増して
どんなにランキングが高い国相手でも物怖じせずに正面からぶつかって
きちんと自分が今まで積み重ねてきたものを全部出せるあのメンタル力の高さ、
日本のサッカーは、確実に一歩一歩前進してるよな(´;ω;`)






0 件のコメント:

コメントを投稿