2019年2月20日水曜日

2019年1月 鎌田のどんど焼きの写真




今回は2019年1月、世田谷区鎌田の多摩川河川敷で行われた
どんど焼きの写真を載せようと思います。




正月飾りの写真
「笑門」


「どんど焼き」とは小正月の頃に行われる行事で
正月飾り等を各ご家庭から持ち寄り
燃やした火で焼いたお餅を食べるとその年は病気にならないとか、
あるいは書初めを燃やすと字が上達する、などとも言われているそうです。

この行事は日本各地で行われているようですが
地域によって「とんど」、「左義長」、「鬼火」など
違う名称で呼ばれているそうで、言い伝えの内容も結構違うようですね。




鎌田のどんど焼きの写真
「Fire Dragon」




燃えるだるまの写真
「火だるま」


ここではだるまを燃やしていますが
地域によってはだるまを燃やしてはいけない所もあるそうです。




どんど焼きの後処理をするユンボの写真
「炎のユンボ」




消防団が放水している写真
「消防団の放水」




どんど焼きで餅を焼いている写真
「どんど焼きでの餅焼き」


鎌田のどんど焼きの場合、数量限定で竹竿とお餅を
子どもさん優先で配布しているそうです。

ただ、お餅を焼くのは、かなり火加減が難しいようで
苦戦されている方が多かったですね。

もし行ってお餅焼きに参加される方は
事前にアルミホイルやお醤油等を持参されると良いようですよ。




どんど焼きで餅を焼いている写真
「餅を焼く」


多摩川の河川敷で広い空を眺めながら
大きな炎で心にエネルギーをチャージした後は
お餅をのんびり焼く、あるいはそれを眺めているだけでも
心がほぐれて明るい気持ちになります。

お正月にふさわしく清々しい行事だと思います、
良かったら皆さんもお運びください(´∀`)






UNIFLAME(ユニフレーム) ネイチャーストーブ 683033焚き火台 クッキング用品 バーべキュー 焚火ストーブ アウトドアギア









2019年2月9日土曜日

仕事場での炎上動画はリスクが極めて大きいですよ、という話。



ここ数日、主に食べ物を扱うお店での従業員さんによる炎上動画が続いています。

お客さんに提供する食べ物を、見えない所で不潔に扱って
キャッキャしている、というものが多いですね。


これらの後を絶たない炎上動画について
今日(2019/02/09)、被害企業の一つである「くら寿司」が
「動画を投稿した2人を退職処分としたうえで
2人に対し、刑事、民事での法的処置の準備に入った」
というニュースを聞きました。


そこでこの項では、軽々しい炎上動画の後に
民事訴訟になった場合、
もしかしたら投稿者への損害賠償請求に影響を与えるかもしれない
株価や損失などについてお話してみたいと思います。



炎上動画前後のくら寿司の株価の動きの画像
「炎上動画前後のくら寿司の株価の動き」


トリミングしたので若干見づらくて申し訳ないですが
上記、「くらコーポレーション」が「くら寿司」の会社です。

さて、株価の動きは…

2/5 5700円
2/6 5600~5500円(←動画が炎上した日)

そして昨日、2/8は大体5500円ぐらいになりました。


つまり、炎上する前から現在まで、大体200円ぐらい株価が下がっています。


…さて、上記の株価というものは、1株あたりの価格がいくらか、というものです。

1株が何円か、だけでは企業の価値はよくわかりません。

企業の価値は、「発行された全ての株式」に
この「1株あたりの株価」をかけて、その総額を見ます。
(難しい言葉では「時価総額」と言います)


では、今、くらコーポレーションは
全部でどれぐらいの株を発行しているでしょうか?

画面の右下をご覧下さい。

「発行済株式数」が、その名の通り、今発行されている株の総数です。
つまり、くらコーポレーションは
全部で、まぁ大体2000万枚ぐらいの株券を発行していますよ、という事です。


では、これに前述の株価を掛けてみましょう。

炎上動画の前、2月5日は

2000万株×5700円=1140億円

の企業価値がありました。


これが炎上動画の後は、(2019年2月8日現在)

2000万株×5500円=1100億円


…つまり、くら寿司は、炎上動画の後、現在までに

40億円ぐらいの
企業価値(時価総額)を失ってしまった

…という事です。

現時点での目先の損失だけでなく、この先の損失も大きいでしょう。

株主さんもお客さんも大勢失ったでしょうし
真面目にやってる飲食業界の人達が
みんな疑われるようになってしまった。





他の炎上動画で「くびかくご」なんて書かれたものも見ましたが、
当該店舗だけでなく全ての店舗と、業界全体の信用を失墜させるわけですから
クビだけで済むはずはありません。


世の中そんなに甘くない。


もちろん株価の下落が全て炎上動画と因果関係があるとも言えないでしょうが
実際にバイトテロ被害にあった店舗では
今までに数千万円の損害賠償請求の例もいくつかあり、
一家・親戚・友人知人に泣きついても
どうにもならないような金額が請求される可能性もあるでしょうし
刑事事件としても信用毀損罪や業務妨害罪に問われる可能性もあると思います。


また、これも怖いと思いますが
法律云々以前に、今は簡単に問題動画の投稿者の個人情報が特定されるので
一度でも「誰がやったか」という情報がネット上で晒されれば
これをなかった事にする、「情報をネット上から消す」のは極めて難しいし
就職活動等で企業側が名前等をチェックすれば簡単にひっかかりますので
下手すると、まともな人生詰むと思います。


とにかく、ほんの一瞬、人目を集めたいという程度の動画ごときのために
長い人生と家族全員を路頭に迷わすほどの大きなリスクを背負う事はない。

(しかも本人達だけは盛り上がってて多分気付いてないんだろうけど
見てる方は1ミリも面白くない、めちゃくちゃ寒いっすよ)


何歳であろうが、対価としてお金をもらって動くならプロフェッショナルです。

プロはプライドを持って、堂々と胸を張って、一生懸命働くのがかっこいいよ。